スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

StarBound ベータ版

sb001.jpg

をsteamで買いました。1480円でした。
ベータ版だし、セールになりそうもないので思い切って。

以前の記事でSF系オープンワールドがやりたい欲求と、Terrariaのようなサンドボックス系を遊びたい気持ちが混ざって、この選択に。
時間泥棒ですし、普段はあまりサンドボックスはやらないのですが、たまにはいいかと。
ちなみに、Terrariaは未プレイです。

sb002.jpg

でも一言で説明するなら、『宇宙を舞台にしたTerraria』でしょうね。
有限フィールドである「惑星」を探索して材料を集めて武器やアイテムを作り、行ける星を増やしていくゲームです。

設定としては、地球が木っ端みじんになって宇宙船で脱出。
住める星を探しているところで宇宙船の燃料が尽きたという導入。
将来的にはメインクエストも実装されるらしいです。

sb003.jpg

最初のおうちです。
初期星はStegamagister Majoris Ⅱという森林の惑星でした。

sb004.jpg

家から右下の洞窟は鉱山になっております。
ものすごく深い!
ツルハシを作ったら、穴を掘って鉄や銅を集めるのが序盤の仕事です。
ちなみに一度だけダイヤモンドを見ましたね。
アルファセクターでも一応あるらしい。

sb005.jpg

この惑星には友好NPCも住んでいます。
鳥人間っぽい人たち。鳥葬の文化があるっぽかった。
お店の商品もいろいろありましたが、買えそうなものが全部しょぼい防具だったのでスルー。

sb006.jpg

宇宙船のコクピットに座ると…あれ?
ここ惑星じゃないな?

Stegamagister Majoris Ⅱは中心の赤茶けた星。
初期に降り立った森林星は右上の紫色の星ですから…
…どっちかってーと、ここは「月」か。
なお、もうひとつの衛星は雪ばかりの極寒の星だったので、防寒具が必要のようです。あとまわし。

sb008.jpg

ソーラーシステム"Stegamagister Majoris"としてはこんな感じ。
惑星はふたつ。
そのうちStegamagister Majoris Ⅰにも行こう。

ちなみに宇宙船の燃料なんですが、衛星に行くくらいなら石炭1個で飛べます。
(ものすごく集めないと別の星にいけないかと思ってた)

sb007.jpg

細かすぎてよくわからないと思いますが、この数ドットの点が全部恒星で、ソーラーシステムです。
途方もなく広いゲームです。同じく洋ゲーの『スポア』みたいですね。
酸素がない星とかもあるらしいですが、うちは今んところ平和です。


と、楽しいゲームですが、注意点をいくつか。
・ベータ版なのでセーブデータが初期化される可能性あり。(船内に置いておけばセーフとは言われていますが
・日本語版は今のところない。(大した英語は出てこないし、チュートリアルは日本語wikiで訳されているので問題はないかと思います)

また、クラフト要素はそんなにディープではない印象です。
マインクラフトやTerrariaに比べると、やや探索ゲームよりという感じ。
僕としてはそっちのほうが良かったので、今回は購入を決意しました。



プロフィール

星八角ある子

Author:星八角ある子
或るライターの落描きブログ。
無尽に趣味へ走っています。
最近は地元ネタが増えています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。