スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君達の基地は、全てネコがいただいた。



昨日の記事に書いた「AYBABTU」とは
「All your base are belong to us.」
のこと。1989年に日本のとあるメーカーが作った横スクロールシューティングゲーム『ゼロウィング』の海外版のデモシーンにて突如現れたトンチンカンな英語で、英語圏で無意味に大ブレイクした。
以下にその全文を書き出します。対訳はもともとの日本語版ではなく、訳した人がその意味のつもりで言ってただろうと思われる日本語を推測して書いています。

In A.D. 2101
 西暦2101年
War was beginning.
 戦争が始まった。
<場面が宇宙船のブリッジに。窓の外には爆炎があがっている>
Captain: What happen?
 艦長:何が起きた!?
Mechanic: Somebody set up us the bomb.
 メカニック:何者かが本船に爆弾をしかけた模様!
Operator: We get signal.
 オペレーター:通信が入りました!
Captain: What!
 艦長:なにっ!
Operator: Main screen turn on.
 オペレーター:メインスクリーンに映します。
<敵のボスがブリッジ正面のモニターに現れる>
Captain: It's you!!
 艦長:おまえは!
CATS: How are you gentlemen!!
 CATS:ご機嫌いかがかな諸君!!
CATS: All your base are belong to us.
 CATS:君たちの基地はすべて我々のものとなっている。
CATS: You are on the way to destruction.
 CATS:君たちは破滅への道を進んでいるのだ。
Cpatain:What you say!!
 艦長:なんだと!!
CATS: You have no chance to survive make your time.
 CATS:君たちに生き延びるチャンスは残されていない。
CATS: HA HA HA HA ....
 CATS:ハハハハ・・・
<敵のボスとの通信が終わる>
Operator: Captain!!
 オペレーター:艦長!
Captain: Take off every 'ZIG'!!
 艦長:ZIG全機、発進せよ!
Captain: You know what you doing.
 艦長:君らが何をなすべきか、分かっているはずだ!
Captain: Move 'ZIG'.
 艦長:ゆけ、ZIGよ!
Captain: For great justice.
 艦長:偉大なる正義のために!


・All your base are belong to us.
雰囲気も含めて無理やり日本語にするなら「君たちのすべてベースは我々に所属ありまする」とかだろうか。たぶん「もしかしてこういいたいのかな?」と分かってくれる程度には成り立っている。おそらく最大の問題点は『大迫力で登場した敵のイケメン大ボスが偉そうに言っている』という点。ついでに言えばそのあとに艦長から「What you say!」といわれてるし。さらにいえばこの「What you say!」も何か変な英語な気がする。
また、海外勢がつい「All [of] your base」と補ってしまうのもよく見かける。

・Somebody set up us the bomb.
「set us up」じゃね? あと「a bomb」か「bombs」じゃないのか。「somebody」より「someone」のほうが適当じゃないかココ。など色々突っ込みどころは多いが、ネイティブの意見を聞かないとわからん。

・We get signal.
上手く言葉でいえないが、「signal」はここで使うべき単語なのだろうか。

・Main screen turn on.
「メインスクリーン」が主語になっている気がするんだが。「turn on」は自動詞じゃないか?

・What you say!!
「What did you say」のほうが分かるような。これでも余裕で通じるだろうけど。

・You have no chance to survive make your time.
「chance to survive, make your time」ということなんだろうか。「survive make」とされると僕は混乱するんだが・・・。

・Take off every 'ZIG'!!
これは「every」でいいの? 「All」でいいんじゃない?

・You know what you doing.
「何をなすべきかわかっているはずだ」の意味のつもりだったんだろうが、これは反語的に「なにしてんだおまえ」の意味になりそうな気がする。

・Move 'ZIG'.
「いいからはよやれ」のニュアンスが出そうな気がするが、どうなんだろう。

ああ、いつかこのネタについてネイティブにじっくり話を聞いてみたい・・・。
ちなみにむかしは他言語に翻訳するときに翻訳専門の人なんか用意しないのが普通だったので、アーケードゲームなんかの「insert coin」を「コインいっこいれる」と訳して日本に輸出した逆パターンもあった。


向こうの人たちはネタにするときはわりと全力である。
プロフィール

星八角ある子

Author:星八角ある子
或るライターの落描きブログ。
無尽に趣味へ走っています。
最近は地元ネタが増えています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。