スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記・日食を甘く見ていた。

「それを奇跡と見るか、
 ただの偶然と見るか、
 あるいは必然と見るか」


2009年7月22日は日本で皆既日食が見られた日だったわけですが、みなさんはこの日をどう過ごしましたか?

綿貫は『あのぶどうはどうせすっぱいぶどう』で理論武装してましたが、大後悔です。
ン十万払ってでも皆既日食を見るべきだと思いましたよ。くそう。

綿貫が住んでいるのは九州なので、食分(欠け率)は0.9を越えていました。
しかしっ……0,9もあれば充分日食だろうと考えたのが綿貫の大ミス。
部分日食と皆既日食は雲泥の差なんですね。NHK観て思い知らされました。

でも、この目で実際に太陽が欠けるところを観れたのは感激でした。
日食が始まったあたりから雲が晴れてくれましたしね。


それにしても前々から疑問なんですが。
太陽と月の見かけの大きさが同じになるって、宇宙ではかなりレアなんじゃないのかと思うわけです。
無作為に選んだ恒星と衛星が見かけの大きさで同じになる確率……そんなに高いのでしょうか?
綿貫はちょっとこのあたり詳しくないので、誰か教えてください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

星八角ある子

Author:星八角ある子
或るライターの落描きブログ。
無尽に趣味へ走っています。
最近は地元ネタが増えています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。