スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元祖○○大将軍

暗黒大将軍というキャラがいる。グレートマジンガーの敵役だ。
後任は地獄大元帥である。どちらも名前がすごい。とんでもない自信が伝わってくる。

一方、仮面ライダーには死神博士・地獄大使というキャラがいる。
死神博士をWikipediaで調べたら妙に設定が細かくてちょっと面白い)
こちらもすごい名前だ。なんだかよくわからないが敵にしたくないオーラがある。

こういうのの元祖は誰かとなると、
侯景
なのだろうか。日本では「コウケイ」と読む。
だいたい1500年前に実在した、中国南北朝時代の武将である。それなりに重要人物で、一時的にではあるが皇帝を名乗ってたりする。しかしそんなことは彼のすさまじさの一面に過ぎない。

何はともあれ、これを見ていただきたい。
これは中国二十四史の一つ、『南史』の80巻、侯景について書かれている部分からの抜粋である。

十月 景又矯詔自加宇宙大將軍 都督六合諸軍事 以詔文呈簡文

もう一度。

十月 景又矯詔自加宇宙大將軍 都督六合諸軍事 以詔文呈簡文

宇宙大将軍

漢文は苦手だが、どうにか現代風に訳してみる。
「10月に、侯景はまた、簡文王からの詔として、宇宙大將軍・都督六合諸軍事の称号を授けさせた」
といったところか。「矯」は「いつわる」とか「ちからづくで」みたいな感じだ。
もっと砕けて訳すと、

侯景「王様、俺に宇宙大将軍の称号を与えろください」

簡文王は侯景の傀儡みたいなもんあり、要するに自称しているようなものなのだが、それは置いておこう。

宇宙大将軍ってなんだ?
わかった、アレだろ。昔と今は「宇宙」の意味が違うんだろ、そうだろ。調べてみよう。

:家 空間 ひさし 建物
時間 無限の時間

つまり、空間+時間で宇宙というわけか。「時空」のほうがニュアンス的に近いかもしれない。
じゃあ宇宙大将軍を現代訳すると時空大将軍……?
って一緒だろそれ! 時空も宇宙も変わんないよ!

なんだよ宇宙大将軍って!
先見の明がある意味ありすぎる!
1500年前にそんなことやられて、現代の人間が勝てると思うのか!
侯景将軍、21世紀でも人類は未だ宇宙を戦場にしておりません!

『南史』の80巻には、そのあとこう続いている。
簡文大驚曰「將軍乃有宇宙之號乎」
訳すとこんな感じか。

簡文王は大驚して言った。「将軍に宇宙の号があるのか?」

さすがの傀儡王様も、なんか引いてる
こんな一文をわざわざ入れたんだから、『南史』が作られた時代でも「これはねーよ」と思われていたんだろう。

ちなみに都督六合諸軍事の「六合」も「天地と四方」のことで、要するに「全空間」の意味らしい。
厨二すぎる。こんな称号を持つ人は敵にしたくない。といって味方にはもっとしたくないが。


侯景はさらにその2年後、皇帝を名乗ってるのが、現代の人間からするとよくわからんね。
皇帝>宇宙大将軍 なんだね。
どうも逆のような気がするのだが。
まあ、皇帝になった5ヵ月後に崩御なされてるから、どうでもいいね。


一応、『南史』巻80へのリンクを貼っておきます。
『南史』巻80
「宇宙」で検索すると、すぐ見つかります。
プロフィール

星八角ある子

Author:星八角ある子
或るライターの落描きブログ。
無尽に趣味へ走っています。
最近は地元ネタが増えています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。