スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記・一番でっかい恐竜

「化石は語らない。
 だから我々から語りかけるのだ」


兵庫県でティラノサウルス類の化石が見つかったそうですね。

ティラノサウルスというと、肉食恐竜で暴君のイメージがあり、とにかく主役の恐竜です。
……が、肉食は肉食でも、捕食者ではなく腐肉食者であった説が最近は有力のようですね。
つまり、獲物を狩猟するのではなく、死んでいる獲物の肉を食べていたというもの。
人間で言うと、自分でお弁当を作るか、落ちてるものを拾って食べるかくらい違います。
ティラノサウルスが腐肉食者であった根拠として大きなものは、前足が細すぎるという点です。
なるほど、確かにゴジラが熱線を吐けなければ、あとは大した武器がないです。
あとはしっぽくらいですかね?
草食恐竜を襲って捕食するにしては、あの前足の退化っぷりは変だろうと言われてます。

しかし、ティラノサウルスっぽい恐竜に齧られながら、その後生き残った形跡がある化石なども見つかっているらしく、説と説がぶつかりあっています。


恐竜とか歴史ってのはいろいろひっくり返るもんだから、あとあと「おぃぃ!」ってなることもありますが、慣れるとそこが面白かったりします。
有名どころでは以下のようなものでしょうか。

・尻尾は垂れない。
恐竜は尻尾を地面に擦って歩かないというのが現在の主流です。
でかい頭とバランスをとるためのでかい尻尾だったということですね。
この説に合わせてアメリカ版ゴジラはスタイルが変わってしまったのは有名な話。

・ブロントサウルスが消滅。
前に発見されていたアパトサウルスと同種だということがわかり、ブロントサウルスという名前は使われなくなりました。
名前的にはブロントザウルスのほうが有名ですが、同種の場合は早くに登録された名前にするという規定があるため、アパトサウルスというマイナーな名前で統一されたというお話。

・いったいどれがいちばん大きいんだよ?
ブラキオサウルスなのか。
スーパーサウルスなのか。
アルゼンティノサウルスなのか。
ウルトラサウルスは消えました。
もはや日本最大の水車・釣り橋のようにあっちこっちで最大の恐竜が出てくるので、正直ついていけない。


それはともかく、綿貫はトリケラトプスが好きです。
小学生のころ、ひたすらにトリケラトプスの絵を描いていた時期がありました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

星八角ある子

Author:星八角ある子
或るライターの落描きブログ。
無尽に趣味へ走っています。
最近は地元ネタが増えています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。