スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

微妙にマイナーな格言

『汝は書くことが無いと言う。
 さらば、書くことがないことを書け。』
 ――プリニウス二世

書くことがないんです。プリニウス二世さん。

今日は格言でも扱ってみるです。
よく耳にするものをチョイスしても面白くないでしょうから、あまり聞きなれないと思われる格言を探し集めてみました。



『愚者は話すまで賢者だ。』
 ――コットグレーグ

まさにそうですね、コットグレーグさん。
ブログなんて、やればやるほど自分の馬鹿さを世に曝け出してる気がしますが、逆にそこが楽しいわけで。


『悪魔は理論家である。』
 ――ハイネ

このハイネさんはいわゆる詩人のハインリッヒ・ハイネさんです。うちのハイネさん(←左の)ではないです。
それはさておき、この『悪魔は理論家である。』という言葉、結構グサリと来ます。
みんなそうなのかは知りませんが、綿貫は言い訳の思考に陥ってるときが一番頭がフル回転してると思います。
要するにここでいう“悪魔”は、頭上で天使と悪魔が2つの考えを囁いているマンガ表現みたいなものです。まあ、こっちが本当の意味なんですが。
推理作家の森博嗣も「推理小説を書くのに必要なのは言い訳の能力」みたいなことを言っていましたし、案外、理論的であることと言い訳的であることは近いのかもしれませんね。


『科学は、訓練され組織化された常識以外の何物でもない。』
 ――トーマス・ハックレー

これ好きです。
綿貫は、科学が唯一持つルールはフェアであることだと考えてます。
要するに、反証可能性のことですね。
このあたりをちゃんと考えていないと、ゲーム脳になったり、水が喋ったりしますから大変です。
……そういやそんな歌もありましたね。あの歌、すごく好きです。

ギリギリ科学少女ふぉるしぃ
プロフィール

星八角ある子

Author:星八角ある子
或るライターの落描きブログ。
無尽に趣味へ走っています。
最近は地元ネタが増えています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。