スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カブトボーグを語る


人造昆虫 カブトボーグ V×V Vol.10 [DVD]

人造昆虫 カブトボーグ V×V Vol.10 [DVD]

  • 出版社/メーカー: (株)イーネット・フロンティア
  • メディア: DVD





こんばんは、綿貫ある子です。
本館のほうでカブトボーグのリュウセイさんの絵をアップしたら、こちらでも少し語りたくなりました。
しかし絶対的に知名度が足りないこの作品。
少しでも世に普及せねばなるまいと、綿貫が死ぬ気で語ります。


○『人造昆虫カブトボーグV×V』とは
まず“カブトボーグ”はTOMY(現:タカラトミー)が発売したおもちゃです。
虫を摸倣しており、2体以上を戦わせるのが主な遊び方。
――要するにクラッシュ○アの虫版。あまり売れてはいないです。

そして『人造昆虫カブトボーグV×V』は、2006~2007年に放映されたカブトボーグ販売促進用のホビーアニメです。
ホビーアニメというのは、古くはミニ四駆とかベイブレードとか――そういうのを題材にしたアニメです。だいたいおもちゃで世界征服を企む巨悪の組織があったり、父親が家族を捨てて玩具で遊んでいたり、主人公の近所に変な研究所があって博士がいたりします。

カブトボーグV×Vもその例に漏れず、巨悪の組織もあれば玩具に興じる父親も出てきます。

しかし……このスタッフはやりすぎた。
綿貫がアニメの脚本家に“狂気”を感じたのは、後にも先にもこれだけです。

具体例を挙げる前に、狂気の象徴とも言える放送経緯の逸話から。
カブトボーグV×VはBSとアニマックスでのみ放送されています。
地上波では放送されていないのです。
何故か?
テレビ東京がカブトボーグV×Vは地上波に相応しくないと判断し、放映を拒否したからです。



カブトボーグV×Vの狂気

作中でカブトボーグに関する説明がない
動力、操作方法、入手方法など一切が謎
果てはルールに関する説明も一切ない
ボーグバトル(カブトボーグでの試合のこと)の前には「チャージ3回、フリーエントリー、ノーオプションバトル!」などと宣言するタイミングがあるが、それぞれの単語の説明が作中にまったくない。またこのルールはTOMYが発売しているカブトボーグの正式ルールというわけでもない。
視聴者は何話か観ていって、どうにか察することしかできない。


第1話がいきなり決勝戦
カブトボーグV×Vの第1話は伝説の最終回と称されている。
どういうわけか第1話の冒頭から準決勝だし、第1話の後半は決勝戦である。
また、決勝の相手は悪の組織の総帥であるが、戦い始めて数分でいきなりその正体が判明する。
視聴者は第1話以前を知らないので驚きも何もないが、作中のキャラクターはテンション高めに驚いている


メインキャラがあっさり死ぬ
準主役のキャラクター、松岡勝治は身体が弱く、すぐに死ぬ
やたら感動的に構成されている話もあり、視聴者の涙を誘う。


死んだキャラクターがあっさり生き返る
準主役のキャラクター、松岡勝治はすぐに死ぬが、次の週では生き返っている
序盤ではどうやって生き返ったかの説明もあったが、だんだんとスタッフが面倒になったのか、後半では何の説明も無く生き返っている
やたら感動的に構成されて死んだ話もあったが、次の週で普通に生きているので視聴者の涙がすぐ乾く。


主人公が破天荒すぎる
主役の天野河リュウセイは一見すると熱血漢少年だが、実際は“大人をすぐに説教する”、“大人を平気で殴りつける”、“夏休みの宿題を強盗する”、“女子供も関係なく街を破壊する”、“落下する人工衛星を撃墜する”、“何故か宇宙まで飛びあがる”などの逸話が多い。
尊敬の念を込め、カブトボーグファンの間では「さん」付けで「リュウセイさん」と呼ぶのが通例。


・サブキャラもおかしい
以下は一例。

勝負を挑んでも受けてくれないリュウセイに対して取る勝治の行動
→街頭演説で市民活動

女の子に振られたケンが取る行動
→酒が飲めないので、バスで酔う

世界征服の最終プロジェクトの直前、主人公たちが本拠地に攻め込んできて、悪の組織の総帥が取る行動
→最終プロジェクトの予定を繰り上げ、発動


おもちゃを売る気がない
しばしばキャラクターがカブトボーグを否定する。
具体的には川に捨てたりする


○まとめ
良い意味でも悪い意味でも、こんな作品はもう2度と現れないでしょう。

また、最後に特筆すべきなのは、カブトボーグは全52話だということです。
そして、誰もが序盤で唖然とするでしょうが、実際はこの52話の中で更に狂気が加速していくため、後半のほうが放心します。

もし試聴するならば、1話から順番に観ていくことをお勧めしますが、とりあえず狂気を味わいたいというのであれば、
1話:伝説の最終回
8話:お年寄りに対して外道のリュウセイさん
23話:万人向けの狂気
24話:リュウセイさんの初覚醒
29話:勝治やケンなどサブキャラだって外道です
あたりから試聴してみてはいかがでしょう。

それでは――!
チャージ3回、フリーエントリー、ノーオプションバトル!
チャージ――イン!!



カブトボーグ主人公 リュウセイさんの外道ぶりを集めてみた
プロフィール

星八角ある子

Author:星八角ある子
或るライターの落描きブログ。
無尽に趣味へ走っています。
最近は地元ネタが増えています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。