FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かっこいいお兄さんを見た

こんばんは、綿貫ある子です。
今日、かっこいいお兄さんを見ました。興奮冷めやらぬうちに書き綴ります。

昼間、綿貫が近所のドラッグストアに買い物に行ったときのことです。
綿貫は、買うべきものをカゴに入れ、レジへと並びました。

レジには綿貫の前に先に2人の客がいまして、順番に並べると以下のようになります(重要)。

・50代くらいのおじさん(この話の悪役)、会計中
・20代くらいのお兄さん(この話の主役)
綿貫(この話のエキストラ)、並んだばっかり

まあ普通に並んで、レジの順番を待っていたんです。
以下、できるだけ再現してみました。
(注:その日、洗剤の特売がありました。通常価格298円で、特売198円。ただし1つ限り。2つ目以降は通常どおりの値段となる

レジのお姉さん「……すみません、こちらの洗剤の2つ目は298円になりますが、よろしいでしょうか?」
おじさん「あ?」

おじさんのカゴには2つの洗剤が入っていました。
2つ目以降は通常価格になるということをレジのお姉さんは親切に教えてくれたわけですが……おじさん、あまり分かってないご様子。

レジのお姉さん「1つ目は198円で、2つ目以降は298円になります」
おじさん「ひとつしか買えないの?」
レジのお姉さん「いえ、いくつでもお買い求めいただけますが、2つ目以降は通常どおりの値段になります」
おじさん「なんでそういうことするの?」
レジのお姉さん「いえ、それは……」

正直、この時点で綿貫はレジのお姉さんが可哀想になってました。
――というか、おじさんに腹が立っていた。うしろつかえてるんだよ、と。

おじさん「じゃあ2つ目を別でもう一回買えばいいわけ?」
レジのお姉さん「あ……はい。……そうです」
おじさん「なーんでそういうことするかなぁ? じゃあそれ別にして」
レジのお姉さん「はい……」
レジのお姉さん、2つ目の洗剤を元のカゴに戻す。
レジのお姉さん「お会計○○○○円になります」
おじさん「そっち(2つ目の洗剤)そのまま(カゴに入れっぱなし)でいいよ。もう一度買うから」
そう言って、おじさんはもう一度別の会計を始めさせたのです。

この時点で、綿貫はかなりの勢いでおじさんに腹が立っていましたが――そのとき、綿貫の前のお兄さんが動きました。

お兄さん「フン……
突然、お兄さんが鼻で笑いました。
それを聞いたおじさん、お兄さんを見て言います。
おじさん「なぁ、あんたもおかしいと思うでしょ?
お兄さん「いや、オレはおっさんのほうがおかしいと思いますけどね
おじさん「……!?」
お兄さん「まあ、もう一度買えばいいっていうのは分かりますし、なんでそんな面倒なことさせるのか、っていう気持ちも分かります。――けどそれ、オレとこの人(綿貫のこと)の後ろにもう一度並びなおさないと、スジが通りませんよね
おじさん「…………」
綿貫「……!!」(うおおおお!! 喧嘩になるなら綿貫はお兄さんの味方につくぞ!!)

――と、このとき、一触即発な雰囲気も若干ありましたが、そこはそれ、これは現実でした。
実際のところはおじさんもお兄さんもそれきりで、2度目の連チャン会計を済ませたおじさんは袋詰を開始……レジはお兄さんの順番へと来たのでした。
袋詰が終わったおじさんは、苛立った様子でさっさと店を後にしました。
それを見て、
レジのお姉さん「……すみません」
お兄さん「いえ、ああいうおっさんもたまにはいますよ」
綿貫(なんと……余裕ありあまりすぎ……! 若干キザな気もするが!)

ちなみに、せめてものの抵抗なのか、袋詰の台におじさんはカゴを放置して去っていましたが……次のお兄さんが袋詰を終えると、お兄さんは事も無げにそのおじさんのカゴも片付けて行きました

うーん。面白いものを観ました。


以下、蛇足です。
綿貫、お兄さんのカゴをチラ見しました。
確認できた中身は、おまんじゅう、チョコチップクッキー、ポテトチップス、プリン、コーラ、ヤクルト。
――お菓子ばっかりじゃないか!!!
プロフィール

星八角ある子

Author:星八角ある子
或るライターの落描きブログ。
無尽に趣味へ走っています。
最近は地元ネタが増えています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。