スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枕草子のマンガ比較論

本日の突発企画は、徹底比較『枕草子』登場人物イメージ!

説明いたしましょう。平安時代に書かれた清少納言による随筆『枕草子』は学校で習うことも多い、いわゆる古典文学であります。となると、各出版社は「まんがで学ぼう!」みたいなシリーズを作ったりもするわけです。
ではその際、キャラクターデザインはどうなるのか?
清少納言をはじめとする平安時代の人々は1000年も昔の人たちです。絵巻物が残ってはいますが、あまり写実的ではなく、そもそもその時代に書かれたわけでもなかったりするので、あまり当てにはなりません。

となると、そのまんが版枕草子を描く人がアレコレ考えて、自分なりの清少納言像を作り出して絵にしなければならないわけです。
今回、その清少納言像の比較をしてみます。


NHKまんがで読む古典 枕草子〈上〉 面堂かずき

ダウンロード

個人的に『枕草子』を題材にした漫画の最高傑作。
平安時代をあまりよく知らない人ほど、今抱いている平安イメージとのギャップを感じることができるでしょう。予備知識不要、難しい話は出てこない、漫画の表情がイキイキしている。と太鼓判です。実はこの本、最初に出たのは1993年で、最近復刻版が出たのです。ただ、ちょーっとお高い。上下揃えると4000円近いので、是非図書館などに収蔵していただきたい一品です。

さて内容と解釈ですが、軽めの絵のタッチに反し、書いてあることはイチイチ原作に準拠しています。上巻では有名な「春はあけぼの」のくだり、下巻では中関白家の没落なども含めたシリアスなところもあります。

では、キャラクターデザインについて。

<清少納言>
ちょっと若い感じにしてある。かなり表情豊かで親しみやすい造詣。
女房になるまでの髪型がストレートロングで、参内してからは後ろをリボンでくくるというさりげないイメチェンに、作者の心遣いが見て取れる。実際は当時こんな髪型はありえないが、そういう細かいところはどうでもいいと思わせる作風なので良い。
口癖は「ステキ!」と「わんだほー!」。

<中宮定子>
全力でかわいらしい美人にしてある。おちゃめな表情を見せるところもあり、魅力いっぱいに描かれている。定子様のことをひたすらに良く伝えた甲斐があったと、清少納言本人は喜ぶに違いない。
細かいところだが、伊周の流罪が決まったあと、つまり髪を切った後の時間軸の話の場合、ちゃんと髪がその長さになっている。文章による補足はないが、絵に矛盾がないあたり、作者のこだわりが見てとれる。

<一条天皇>
優しそうな少年として描かれている。原作にある定子と一条帝のやりとりは、定子が3歳下の一条帝を気遣っている場面が多いため、このような描かれ方には違和感がない。
東三条院詮子との会話シーンでは、若い身でありながら帝という立場を理解している描写を上手く表現してある。

<藤原伊周>
超美形。個人的には萩谷朴氏の伊周評にある「神経質でわがまま」のイメージが強く、ここまで完璧超人なデザインは変な気もする。でも女性読者にはこれくらいでいい。

<藤原実方>
ほとんど出てこない。藤原行成とトラブルを起こしたこともあり、原作では行成に見せることを鑑み、実方のエピソードがない。それに準拠しているのだろう。

<藤原斉信>
好青年に描かれている。序盤は顔を崩したギャグ調になることもあった。伊周があこがれの貴公子ポジであることに対し、斉信が事実上の恋人ポジになっている。あまり有名でない「四月の七夕」の話を入れてあるあたり、作者の斉信の出番を増やしたかった気持ちが見える。

<藤原行成>
美形なのだが、「ぼけらった」な感じで基本的には描いてある。行成のデザインはみなさん難しいところのようで、「真面目一辺倒」とするか、この漫画のように「ちょっと不思議な天才肌」とするかであるようだ。
行成の家系も清少納言と同様に歌人の系譜なので、同じくあまり和歌を詠みたくないという悩みを抱えている、という描写があったらなお良かった。

<橘則光>
まったりした顔に描かれている。実際『枕草子』での則光の扱いはこんなだが。
わかめの意味がわからないほど鈍感なのは事実なので、僕はこの漫画の則光が一番しっくりくる。

<藤原道隆>
かなり「人のいいおじさん」になっている。実際の道隆は父の兼家とともに一条天皇を上手いこと帝位につけさせたりと道長に劣らずのやり手なイメージも僕個人としてはあるのだが、冗談好きとも伝わっていたのでそちらを前面に押し出している。

<藤原道長>
切れ者っぽく描かれている。主に下巻に登場。「何者かが呪詛しておるのでなければよいがのう…?」など、平和な上巻には登場できないほどのシリアスキャラとなっている。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

星八角ある子

Author:星八角ある子
或るライターの落描きブログ。
無尽に趣味へ走っています。
最近は地元ネタが増えています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。