スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おぼかたさん

理研のSTAP細胞の件、だいぶ報道が落ち着いてきましたね。
なので今更ネタにしますが・・・あれは小保方さん、何がなんだかわかってなかったんじゃないかなと思います。小保方さんより、米国のバカンティ教授あたりのほうがよっぽどアレな雰囲気を感じているんですが、まあそれはさておき。
まず、小保方さんの研究者のレベルからして、あの論文内容は不自然だったと言わざるをえない。

STAP細胞が最初に話題になったときも、違和感を抱いた人はけっこういたんじゃないかなと僕は思っています。少なくとも僕は抱きましたし。・・・いや、まさかここまでの騒ぎになるとは思ってませんでしたけど、論文の捏造疑惑が浮上したときには、不思議と納得していたものです。
まああとからならなんとでも言えますが、当時僕が抱いた違和感について一応説明します。

一つ目は、小保方さんが若すぎること。
別に年齢で頭脳や発想の良し悪しが決まるとは言いませんが、分子生物学の分野で30歳かそこらで革命的な研究ができるのか?という疑問はやはりありましたね。いえ、若いのは別にいいんです。でも、若いってことはそれだけ研究に時間も掛けれなかったはず。理論物理学や高等数学なんかなら年齢はどうでもいいですが、実際に実験が必要になる分野では若いということはそれだけ実験の回数は少なかったということ。ラーメンメーカーはカップめんの新しい味を作るのに何年もかけているというのに、大学院を卒業したての30そこそこでそこまで革新的な万能細胞が作れるのか?という疑問は当時から抱いていました。
・・・とはいえ、確信にいたるほどでもありませんでした。そういう時代かー、なんて思って無理やり納得していたものです。

二つ目。こちらのほうが違和感としては大きかったです。
それは、テレビ向けの映像が多すぎたこと。
テレビなどで小保方さんが試験管に試薬を落としているシーンを見たことがある人も多いでしょう。割烹着姿がどうのこうのと話題にもなりましたしね。
しかし僕は、あのシーンはおかしいと思いました。あまり深くは考えない人が大多数でしょうが、小保方さんが試験管に試薬を落とすシーンをテレビカメラが撮れるためには条件があります。
・たまたまカメラが来ているときに、どうしても試薬を投与しなければならない実験スケジュールだった。
あるいは、
・テレビ向けにやってみせた。
この2つのどちらかしかありえません。そして普通、そんなカツカツの実験スケジュールを組んでいるときに、研究室にテレビクルーを入れて取材させるとは思えません。やるとすればよほどテレビ局を愛しているか、またはその実験がさほど重要でないかのどちらかでしょう。

つまりどこまで考えても、
「テレビ向けの映像を撮らせたかった」
という要素がほぼ確定してしまうのです。

そんなことを考える人が、革新的な万能細胞を作った。
なんて聞いても、僕は当時からわりと疑わしかったですね。
普通は対外的に研究室なんか見せない。ぶっちゃけ。
マスコミの取材に対して好意的な人の半分は詐欺師なんですよ(僕調べ)。

まあ、僕もさすがに捏造疑惑とまでは考えなかったので、「STAP細胞って、実はそこまで万能じゃないんだろ? マスコミが大げさに言ってるだけだろ?」程度の構え方でした。だって、科学論文で捏造なんてどうやってもバレるんだからやるわけないだろう・・・というのが僕のなかでの『当たり前』でしたからね・・・。
スポンサーサイト

君達の基地は、全てネコがいただいた。



昨日の記事に書いた「AYBABTU」とは
「All your base are belong to us.」
のこと。1989年に日本のとあるメーカーが作った横スクロールシューティングゲーム『ゼロウィング』の海外版のデモシーンにて突如現れたトンチンカンな英語で、英語圏で無意味に大ブレイクした。
以下にその全文を書き出します。対訳はもともとの日本語版ではなく、訳した人がその意味のつもりで言ってただろうと思われる日本語を推測して書いています。

In A.D. 2101
 西暦2101年
War was beginning.
 戦争が始まった。
<場面が宇宙船のブリッジに。窓の外には爆炎があがっている>
Captain: What happen?
 艦長:何が起きた!?
Mechanic: Somebody set up us the bomb.
 メカニック:何者かが本船に爆弾をしかけた模様!
Operator: We get signal.
 オペレーター:通信が入りました!
Captain: What!
 艦長:なにっ!
Operator: Main screen turn on.
 オペレーター:メインスクリーンに映します。
<敵のボスがブリッジ正面のモニターに現れる>
Captain: It's you!!
 艦長:おまえは!
CATS: How are you gentlemen!!
 CATS:ご機嫌いかがかな諸君!!
CATS: All your base are belong to us.
 CATS:君たちの基地はすべて我々のものとなっている。
CATS: You are on the way to destruction.
 CATS:君たちは破滅への道を進んでいるのだ。
Cpatain:What you say!!
 艦長:なんだと!!
CATS: You have no chance to survive make your time.
 CATS:君たちに生き延びるチャンスは残されていない。
CATS: HA HA HA HA ....
 CATS:ハハハハ・・・
<敵のボスとの通信が終わる>
Operator: Captain!!
 オペレーター:艦長!
Captain: Take off every 'ZIG'!!
 艦長:ZIG全機、発進せよ!
Captain: You know what you doing.
 艦長:君らが何をなすべきか、分かっているはずだ!
Captain: Move 'ZIG'.
 艦長:ゆけ、ZIGよ!
Captain: For great justice.
 艦長:偉大なる正義のために!


・All your base are belong to us.
雰囲気も含めて無理やり日本語にするなら「君たちのすべてベースは我々に所属ありまする」とかだろうか。たぶん「もしかしてこういいたいのかな?」と分かってくれる程度には成り立っている。おそらく最大の問題点は『大迫力で登場した敵のイケメン大ボスが偉そうに言っている』という点。ついでに言えばそのあとに艦長から「What you say!」といわれてるし。さらにいえばこの「What you say!」も何か変な英語な気がする。
また、海外勢がつい「All [of] your base」と補ってしまうのもよく見かける。

・Somebody set up us the bomb.
「set us up」じゃね? あと「a bomb」か「bombs」じゃないのか。「somebody」より「someone」のほうが適当じゃないかココ。など色々突っ込みどころは多いが、ネイティブの意見を聞かないとわからん。

・We get signal.
上手く言葉でいえないが、「signal」はここで使うべき単語なのだろうか。

・Main screen turn on.
「メインスクリーン」が主語になっている気がするんだが。「turn on」は自動詞じゃないか?

・What you say!!
「What did you say」のほうが分かるような。これでも余裕で通じるだろうけど。

・You have no chance to survive make your time.
「chance to survive, make your time」ということなんだろうか。「survive make」とされると僕は混乱するんだが・・・。

・Take off every 'ZIG'!!
これは「every」でいいの? 「All」でいいんじゃない?

・You know what you doing.
「何をなすべきかわかっているはずだ」の意味のつもりだったんだろうが、これは反語的に「なにしてんだおまえ」の意味になりそうな気がする。

・Move 'ZIG'.
「いいからはよやれ」のニュアンスが出そうな気がするが、どうなんだろう。

ああ、いつかこのネタについてネイティブにじっくり話を聞いてみたい・・・。
ちなみにむかしは他言語に翻訳するときに翻訳専門の人なんか用意しないのが普通だったので、アーケードゲームなんかの「insert coin」を「コインいっこいれる」と訳して日本に輸出した逆パターンもあった。


向こうの人たちはネタにするときはわりと全力である。

英語の勉強の仕方(邪道)

ウチは相変わらず雑多なブログですが、意外と英語の学習者の方々のアクセスが多いです。キーワードからすると中学生から高校生くらいのみなさんっぽいかな? とても結構なことだと思います!

僕も昔、IRCチャットに乱入してきたポーランド人と英語でケンカ交流したのが発端でした。
ケンカ交流の挙句に嫌がらせお近づきのしるしのつもりでエロ画像可愛い女の子のイラストを送りつけてやったところ、そしたら向こうが「もっとくれ」とか言ってきたので友情を感じました。今にして時差を考えてみれば、あの兄ちゃん昼間から何言ってたんだろう。「Hentai」を知ってたのはともかく、「Shibari」とか知ってたのは当時にしては先鋭的だったな、彼。

さて、そんな昔話はともかく!
個人的にお勧めな、インターネットでできる英語の勉強をご紹介!
もちろん全部無料ですともさー!


まずはウチのブログが何度か取り上げてきた「Livemocha」。
しかし! 以前ほどの面白さはないから注意。じっくりやれば外国人の友達は作れるかもしれない。ちょっと今覗いてきたら、一応日本語を学習してる人がチラホラいたんで、先生になってみるのもいいかも。
まあ以前のようなあちこちの国の人がカオスに交じり合っている状況ではないのが本当に残念。
でもまあ、英語以外の言語に無料で触れる機会があるという点では、やはり捨て置けないサービスか・・・?


お次は「NHK world」。
これってあまり知名度ないっぽいんですが、個人的にはとてもお勧めで、スマートフォンでも専用アプリがあるので手軽に見れます。30分のニュースと雑多な30分の番組が交互に延々と続いているテレビで、個人的には「great gear」や、英語の料理番組が好きです。

nhkworld.jpg

全画面表示も可能で、ここをクリックすればOKです。

英語番組といっても、内容は日本のことで、「英語の話者向けの日本のテレビ」というコンセプトになっていまして、内容が意味不明となりにくいのがいい点ですね。ニュースを読む人はさすがのきれいな発音ですし、延々と垂れ流しておくだけで石川遼のスピードラーニングの代わりになるでしょう。英語全然喋らない番組もあるんですが、まあそこは無料ってことでひとつ手打ちにしてください。


最後に・・・これはたぶん禁じ手だと思うんですが、オススメしたいのであえて書きます。

女子高生の日常を英語にしたら
最近、こういう本がありますね。マンガで英語を勉強しよう的なやつです。日本の英語教育は書く・読むに関してはかなりのレベルにあると思いますし、多少なりとも実践的な場に触れられるという点で、個人的にはとても良いと思います。
ちなみにこれは『女子高生の日常を英語にしたら』という本で、一応ジャンル的には学習書ですね。ただし値段は1500円とかなり高めです。まあこれはこれでアリだとは思うんですが・・・。
・・・どうせなら自分が知っているマンガの英語版を読むほうが面白いもんですよね?

ええ。著名なマンガの英語版、あります。

著作権的にアレなんで、無料のヤツについて詳しくはいえませんが、あります。海の向こうには「scanlator」という人たちがいます。scan + trancelator から作られた造語で、つまり「スキャンして英訳している人」です。そしてそういう画像を集めたサイトがあります。ウチのブログでは「ある」ということしかいえませんが、とにかく「あります」。
(しかし違法とはいえ、ここまでやるscanlatorたちの意欲はすごい。まあ、mangaまとめサイトはそれを勝手にまとめているんで、scanlatorとmangaまとめサイトは決して蜜月というわけではないです。日本で正式に電子書籍で英語マンガを売り出したのってかなり最近ですんで、本当に日本はこういうの後手にまわりがちなんだなぁと思わざるをえない)
ちなみに英語マンガはAmazonで正式なものを買うこともできますが、基本的にかなりお値段高めです。でも1冊くらいは実際に買ってもいいかもしれませんね。好きなマンガの英語版で1冊まるごとセリフを覚えてみるとか、ね。英語字幕DVDもいいですけど、じっくり読める英語マンガもどうでしょう(DVDを借りるほうが安いけど)。

Iwillkillyou.jpg
日本語では「やろう、ぶっころしてやる。」のコマ。

今の時代、インターネットのおかげで英語を実際に使って遊べる場が増えました。留学とかするのが一番いいのは当たり前ですが、その前段階として、あるいはお金のかからない範囲でという縛りで、以上のような学習法もアリなのではないでしょうか。

スーパーケモノキャラ大戦を作ろう(提案)

別に僕、そこまででもないつもりなんですけど。
最近のアニメとかゲームで、わりとガチなケモナーが歓喜するキャラクターっているんですかね? まあ僕が知らないだけなのでしょうが、90年代って振り返るとケモノキャラ多かったなあと思いまして。今宵はそんな失われし90年代をケモナー的目線で振り返ってみます。

<おしながき>
・ブレスオブファイア2より「リンプー」
・甲竜伝説ヴィルガストより「リュキア」
・RPG伝説ヘポイより「ミーヤ・ミーヤ」
・YAT安心宇宙旅行(2期)より「マロン」
・爆烈エトレンジャーより「例の3人」

「てやんでえのおタマちゃんはどうした」
→メカ+ケモノ属性の猛者さんですね。資料不足です!
「グランゾートのラビきゅんがいないとかニワカ?」
→ケモショタ属性の姉さん申し訳ない。今回は女性キャラ限定です。
「テイルコンチェルトは?」
→すみません! 不勉強で語れません! やっぱやるべき?
「名探偵ホームズのハドソン夫人がケモキャラ最強!」
→わかる! わかりますが、あれは80年代です。


<ブレスオブファイア2>
カプコンが出していたRPGシリーズです。個人的には2が好きです。エンディングは親父が乗り込んでこないほうで。
亜人種が多く登場する世界観なので、ケモナーはわりと歓喜のゲームでした。とはいえ、可愛いケモノ娘キャラもたくさんでるのかというとそうでもない。キャラクターデザインの方向性は同じカプコンの格闘ゲームである『ヴァンパイア』に近い。

リンぷー

しかし、そんななかに燦然と輝くのが2のリンプーさん。(1994年)
いいデザインだ!
しかも作中ではわりと序盤から登場、ちょっとした恋愛話もあり、そもそも「ゲーム的に強い」と何かと優遇されている。シャーマンと合体してパワーアップしたらなにやら悪魔的な格好になり、それのファンも多いが基本的にはこの第一形態が人気のようである。
下半身については触れないのがお約束。

続きを読む

検索キーワードに対するツッコミ

ウチはとりとめのないブログなので、いろいろな検索ワードでいろいろな人が飛んできます。こちらのアクセス解析でどんな単語で検索しているのか分かるんですが、なかには面白いモノもあるので抜粋して紹介します。

「古墳時代 服装 豪族」
さっそくこういうキーワードで飛んできてくださる人がいるのは嬉しいですね。でもまあウチでやってるのは南九州に限った話なんで、それなりでお願いします。

「デフォ子 エロ」
ウチでもそれはないよ。

「Livemocha どうよ」
どうもこうもなくなっちゃったよ。

「色相環 スク水」
あなたが何を調べようとしたのかそのキーワードだけでわかります。
答えは「そのとおり!」。

「カブトボーグ ジャッカル佐々木」
さすがにそれでウチのブログに来たのはあなただけです。

「Livemocha 出会い」
外国人と結婚したい系の人ですかね。たしかにああいうSNSは、向こうもそういう下心がある場合ありますんで有効といえますが・・・リニューアルしてしまった今のLivemochaではちょっと無理ですね。

「匣の中の失楽 影響」
なにを調べようとしていたのかは微妙なところですが、それなりの影響は与えたと思います。特に2000年代初頭の推理小説。流行りましたね、メタ構造。

「神代文字筑紫文字の意味」
ピンポイントだなぁ。筑紫文字はウチは扱わないと思います。僕の目にはあれが文字とは思えないし、元祖ニューエイジである平田篤胤ですら「文字じゃないかも」と言ってるくらいですからねぇ。

「天は人の上に人を造らず 云えり」
おお。これでウチの「日本で一番誤解されてるひと」という記事が引っかかりますね。いいですぞ。

「臼杵-八代構造線 大分-熊本構造線 はさまれた パワースポット」
これはウチのオカルト記事関連ですね。ここではあまり多くはツッコミませんが、一応ニューエイジさん的には「構造線にはさまれた」ではなく「構造線の上に乗った」が重要ですよ。構造線が分岐しているのは九州だけですからね。パワースポットの勉強をする前に地学の勉強をしなされ。

「スク水パチュリー」
ヤメテ! 昔のイラストほじくるのやめて! なんで僕のイラストがグーグル画像検索でトップに来るのさ。pixivで検索することをお勧めします。「pixivは人気順検索が有料だからクソ」という場合はand検索で「user」を入れるのをお勧めします。ブックマークが多いイラストだけが引っかかりますので。

「古文 進行形 現在形 違い」
ウチのブログの「完了形と進行形」という記事が引っかかりますが、できれば学校の先生に聞いてください!

「虚無への供物 青空文庫」
作者の中井英夫が死んだのは1993年なので、2043年まで待ってください。それか普通に買ってください。

「直線 道具」
なんだこれ? と思ったら「龍驤ちゃん定規」のイラストが画像検索で出る。おそらく、あなたの探しているものとは関係ないと思うんですが・・・。

「宇宙大将軍」
ヤバイ。ウチのブログの「元祖○○大将軍」という記事が上のほうで引っかかる。でも『南史』へのリンクも貼ってるし、親切なほうよね。

「たったひとつの冴えたやりかた 性的快楽」
本当にウチのブログが引っかかるし。有名な小説だと思うんですが、タイトルだけ先行していて、あまり中身に触れてるサイトはないんですかね? まあ比較的上のほうでウチの「雑記・コーティー・キャスという少女」という記事がヒットします。
これは僕の理想の女の子像の一人が「冴えたやり方」の主人公のコーティーだという話で、ブラッドベリの短編に出てくる男の子とペアにして誰か二次創作してくれみたいなことまで語っています。
いやコーティーは萌えキャラだと思うんですがね・・・。

「ライ麦畑でつかまえて 面白くない」
なんでこのキーワードでうちのブログが?と思いましたが、「ライ麦畑から落ちかけたことがないと面白くない小説」というサリンジャーの追悼記事を上げていたので、わりとすぐにウチのブログが引っかかりますね。
で。別にこれ、万人が面白い小説ではないと思います。ていうか誰が読んでも面白い小説なんて存在しません。「ライ麦~」は最初に読んだ編集者は速攻でボツにしてますし、「ライ麦~」の面白さが分からんという知人は何人か知っています。当時の僕もそれを分かっていたので「ライ麦畑から落ちかけたことがないと面白くない」という表現にしているわけです。村上訳版は知らないけど。
なので、ライ麦~を読んで面白くないと思ったあなた!
あなたは別に特別な存在ではないのでご安心ください。

プロフィール

星八角ある子

Author:星八角ある子
或るライターの落描きブログ。
無尽に趣味へ走っています。
最近は地元ネタが増えています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。