スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二次大戦は歴史の華よ

〔価格改定〕ハーツ オブ アイアンII ドゥームズデイ with アルマゲドン 【完全日本語版】〔価格改定〕ハーツ オブ アイアンII ドゥームズデイ with アルマゲドン 【完全日本語版】
(2009/06/26)
Windows

商品詳細を見る

こんばんは、綿貫ある子です。

ハーツオブアイアンというゲームが面白すぎる毎日です。
唐突に1936年からスタートする、第二次世界大戦のゲームなのですが、自由度がわりとフリーダムで楽しいです。
とはいえ、ある程度の前提知識が必要なあたり、プレイする人を選びそうです。
まだシヴィライゼーションのほうが敷居は低いでしょうね。

ニコニコ大百科の記事が案外いいところを突いていて、
>>その単純さと中毒性の高さ故、Civilizationシリーズとともに「夜を失なわせてくれる、いや夜を奪い心を奪う」シミュレーションゲームとして名高い。
>>ただし、かなり濃いめの歴史イベントにウェイトが占められているため、それを理解できないといささか魅力は落ちる。
>>「アシカ作戦を成功させるドイツ」「欧州赤化を為し遂げるソヴィエト」「ベルリンを占領するフランス」「日米による環太平洋同盟」、そんなフレーズに心が躍り、踊るなら楽しめるかもしれない。

まさにそんな感じ。特に「アシカ作戦を成功させるドイツ」これだけで話が通じる人はぜひプレイすべき。

説明しておくと、アシカ作戦とは第二次大戦の欧州において、フランスを占領したドイツがさらに北上、イギリス海峡を渡って英国本土上陸を成し遂げるという、実際には発動されなかった作戦。空軍におけるドイツ対イギリスの戦闘、いわゆるバトルオブブリテンにおいて制空権をドイツが取れなかったため、実施されることはなかったといいます。(ほかにもたくさん理由はあるらしいが割愛)

とまあこんな感じで、歴史のIFを手軽に味わえるあたりが楽しいですね。
日米安保条約を20年くらい前倒しで締結するのはわりと普通にあることだったり。
(まあ現実のあの時代にそれはないですが。ゲームですからこれ)

数回プレイしてますが、なぜか一番がんばったのはソビエト連邦プレイでした。
1936年の時点でいきなり中国に攻め入ったりしてたからかな。
スターリンの大粛清で将軍がごっそり減るという難点があるソビエトですが、中国を併合して将軍を大勢編入したのが面白かったです。
国民党に軍事顧問に来ていたファルケンハウゼンさんが帰国召還される前だったので、なぜかソビエトの将軍になってしまったりむちゃくちゃでした。おかげで第二次大戦が始まってからはファルケンハウゼンvsルントシュテットとかわけのわからないドイツ人対決とかに。ほかにも蒋介石vsグデーリアンなんて不思議対決もありましたね。

あとはHoI2AARやニコニコ動画のプレイ動画も楽しいですね。有名どころも見ておりますが、個人的なお気に入りは『東方きょうさんとう』シリーズです。「わが闘法」(マイン・カンフー)は上手すぎてその才能に嫉妬するレベルでした。


さてそんなゲームですが、意外と勉強にも使える気がします。
なんといっても国の位置や、土地の名前など地政学的なことを覚えます。(第二次大戦期なのでサンクトペテルブルグがレニングラードだったり、バクーがソ連領だったりしますが)
マラカイボ油田のこととか、恥ずかしながら知りませんでしたしね…。

そんなわけで、高校生あたりの方々がやると、地理や世界史の成績があがるかも。
…でもハマりすぎると絶対成績さがりますね。難しい。
スポンサーサイト

いろは歌を作ってみる

こんばんは、綿貫あるこです。

世の中には手習い歌というのがあって、日本語の五十音文字を一度だけ使った歌があります。
有名なのはいろは歌ですね。
(五十音といいつつも実際は47音しか使えない)

というわけで、綿貫もやってみました。


屋根の背虫が見(まみ)ゆ 酒ぞ送ろ。
日に塗り絵 月へ鼻血を 屠らん。
あ ダメよと言われても こうする。


…意味が分からない…。
プロフィール

星八角ある子

Author:星八角ある子
或るライターの落描きブログ。
無尽に趣味へ走っています。
最近は地元ネタが増えています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。