スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完了形と進行形

こんばんは、綿貫ある子です。

英語の授業のときに「現在完了形ってなんぞ?」となった人は少なくないのではないでしょうか。
「現在形やら未来系やら現在進行形やら過去進行形やらは、感覚として理解できる。しかし、完了形はよくわからん」
・・・こんな感じの人です。
(ついでにいうと、そんな人は古文の授業で混乱した人でもあるはず)

実は英語や古文の授業で混乱するのは無理のないことなのです。
というのも、現代日本語においては、完了形と進行形を区別しないのです。
そのため、標準的な日本語に訳したときに完了と進行の違いが消滅してしまうので、よくわからないことになります。

私は10年間ピアノを弾いている。
I have been playing the piano for 10 years.

私は今、走っている。
I am running now.

これらは、どちらも「ている」という助動詞を使うので、違いが分からないですね。
問題は、英語教師がこのへんのニュアンスについて上手く説明できないことにあります。
たしかにそれは無理からんことなのですが・・・ここでひとつ、ウラ技を紹介しましょう。
・・・まあ、すべての日本人に理解できるとは限らないのですが。


実をいうと、西日本の方言は完了形と進行形を区別します。
綿貫は熊本県の方言が一番詳しいのでそれを例にしますと――

・「とっとっと」
一部で有名な熊本弁ですね。意味は「取っている」。
しかし具体的な使用法はこうです。
まんじゅうをひとつ手にして、
「これは明日のために、とっとっと」
=「これは明日のために、取っています」
無理矢理現代日本語にすると「取っておいています」で、言い換えると「確保しています」のニュアンスです。
つまりこれは完了形に相当します。

・「といよっと」
これも熊本弁で、意味は「取っている」です。
熊本以外の地域では「とりよる」に相当することが多いです。
具体的な使用法としては、夏の山で樹のそばにいる人が、
「私は今、カブトムシをといよっと」
=「私は今、カブトムシを取っています」
こちらも現代日本語では「取っています」になりますが、いわゆる現在進行形になります。

まとめるとこうです。
「とっとっと」や「とっとる」は完了形。
「といよっと」や「とりよる」は進行形。
英語のテストで完了なのか進行なのか迷ったときには、一度方言にしてみましょう。
「私は10年間ピアノを弾いとっと」や「私は今、走りよると」になりますから、間違いません。
(熊本以外では「とる」「ちょる」になるのが完了形で、「おる」「よる」となるのが進行形です)


某所で綿貫は「熊本弁では完了と進行の区別をするから、標準語より発達している」という文章を見ましたが、正確にいうと逆で、昔の日本語がまだ残っているというほうが正しいです。そして昔の日本語では完了・進行や能動・自発などを区別していたのだけれど、徐々に省略、統合されていった――ということに過ぎないです。

さらにいうと、日本全土における現代標準語の浸透で、方言でさえも完了と進行を区別しない地域が最近は増えています。
(兵庫以西の方言では完了と進行を区別する、というのが定説のようです。しかし綿貫が調べたところ、若い人は方言を話しながらも完了と進行の区別を気にしていないパターンが多いです。標準日本語を覚えた反面、区別の感覚が薄れたのだと推測)
おそらく、今より数十年のうちに日本語の完了と進行は完全に統一されるでしょう。
それが悪いこととはまったく思いませんが、未来の子供が英語を勉強するときには今よりさらに混乱するんじゃなかろうかと、いらぬ心配をする次第でありんす。


続きを読む

スポンサーサイト

I heard that there are a lot of dialects in Japan.

こんばんは、綿貫ある子です。

最近、「言語」というものに面白みを感じて、日本語、英語、アラビア語、ロシア語、アイヌ語などをうまい棒のように齧っていました。
その過程で綿貫が思ったのが、消滅危機言語のなんと多いことか、と。
死語になりつつも資料として残されてるものもありますが、ほとんどは謎になったままです。

さて先日とある方から、「日本にはいっぱい方言があるらしいですね」と言われました。
まったくもってそのとおりです。
英語で日本語は「Japanese language」ですが、広域の方言を含めたときは「Japonic languages」と区別するほどです。

日本方言は利益は少ないかもしれませんが、研究に値する題材です。

今回、綿貫は「ネットに上げておけばそのうち誰かが役立ててくれるんじゃね?」という方針のもと、おそらくもっとも詳しいであろう熊本弁(の一派)について記述しておきます。綿貫は厳密な熊本県民ではありませんが、今現在もっとも耳にした方言が熊本弁なのです。

では、面白そうな単語、マニアックな言葉に絞って解説しましょう。


「~(ン)ニキ・にき」 発音:níki
意味:(物理的・場所的に)~の近く
(ンは現代日本語の「の」に相当する助詞)
例文:ローソンは駅んにきにある。(=ローソンは駅の近くにある。)
・解説
さっそくマニアックな熊本弁です。熊本全域で使われてるかどうかかなり疑わしいレベル。若い人が使っているところを見たことが一切ない。
綿貫は消防署の人がこの言葉を使っているのを聞き、それ通じなかったらどうするのかと不安になったことがあります。
(その職員は電話で一般人から何かの詳しい場所を聞いていたのですが、普通にこの「~にき」を使っていた。大丈夫なのだろうか。火事のときに相手に通じなかったらと思うと妙に恐ろしい)


「ジゴンス・じごんす」 発音:dʒigάns
意味:肛門
・解説
ジゴ自体に尻の意味があるとも。
現在は語源をジゴ虫(=アリジゴク)と関連させるらしいが、綿貫的には「ジグモの巣」との関係が気になる。
綿貫の知る地方では肛門と地蜘蛛の巣穴のことを同じく「ジゴンス」という。
見た目から受けるイメージも似ているし、「ジグモ-ン-ス」が転訛したのではないかと推察。
(もっとも、昔から地蜘蛛のことをジグモと呼んでいれば、だが)


「オッペシャン・おっぺしゃん」 発音:ópeʃʌn
意味:不器量、不美人
・解説
わりと有名なほうに分類される熊本方言。
一般的に"opposite"(英:反対の)と"shon"(独:美しい)から成り立っているといわれている。
しかしながら、綿貫はものすごい勢いで否定的。
「オッペシャン」は人に対してしか使われないことと、「シャン」がいわゆる現代日本語の敬称のひとつ「さん」に相当する使われ方をしていることを考え、「オッペ-さん」が意味的に近いと考えている。
仮に英語+ドイツ語が語源としても、使用する人たちは「シャン」を「さん」に相当させてイメージし発音している。もっとも、そうするとオッペとは何なのかということになるのだが。
そもそも話し言葉で opposite なんて使うくらいなら普通に not を使わないだろうかとも考えている。opposite-shon が真の語源だとすれば、最初に作った人は辞書を引いて無理矢理作ったとしか思えず、広く浸透したとは思えないからである。ていうかこれを提唱したのが誰なのかいくら調べても分からん。どなたか情報を…。
(オッペは押す、尾っぽあたりで別地方の方言としては存在するが、なんともいえない。
 ニュアンス的には「おたふくさん」が一番オッペシャンに近いように感じているが個人的な感覚に過ぎない。)


「オッペシャンノダゴジュル」 発音:ópeʃʌn-nə-dάgədʒul
意味:オッペシャンの強調表現
・解説
あるいは「おっぺしゃんのだんご汁」。
オッペシャン自体は割と有名だが、派生系であるこの形についてはさほど知られていない。
オッペシャン-ノ-ダゴジュルで単語を切ることができ、語彙的形態素で割るとオッペ-シャン-ノ-ダ-ゴ-ジュルとなる。
ダゴジュルとは団子汁のことで、小麦粉で作った団子を味噌汁に入れる料理。
よって、直訳としては「不美人が作った団子汁」となる。

だが恐ろしいことにこの「オッペシャンノダゴジュル」なる単語は料理の名前ではなく、人に対して使われる形容詞性名詞である。
例文としては、「あんひたオッペシャンノダゴジュルじゃもぉんな」。
訳すと「あの人は不細工の作った団子汁だものね」となる。
うーむ。訳したはずなのに、まだすごさが残っている。

わりと日本語には詳しいつもりでいたが、日本において人間に対する表現として直接的に食べ物を使うのは珍しいと感じる。
「ダゴジュル-ン-ゴタル-オッペシャン」(=ダゴジュルのようなオッペシャン)という語順なら綿貫も何も思わず、要するに「団子汁のようなブサイク」なら違和感は微塵もないのだが、「ブサイクの団子汁」という表現だから強烈に惹かれた。

綿貫は最初にこの言葉を聞いたとき、思わず「それは人に使う表現なの?」と爆笑しながら訊ねてしまった。
そしてこのオッペシャンノダゴジュルこそがちょっとだけこの地域の方言を調べてみようという気になったきっかけの言葉である。


以上、今回は3件と1件の派生系。

海外から見た日本の英語教育

こんばんは、綿貫ある子です。

今回は、ウィキトラベルの日本の紹介が面白かったので一部紹介します。
やや意訳です。間違ってても怒らないでください。


Talk <会話について>

The language of Japan is Japanese.
日本の言語は日本語です。

Most Japanese under 40 have studied English for at least 6 years,
ほとんどの40歳未満の日本人は最低でも6年間は英語を勉強しているのですが、

but the instruction tends to focus on formal grammar and writing rather than actual conversation.
その教育は堅苦しい文法教育に焦点をあてたり、実際に会話させるよりも字で書かせがちです。

As a result, outside of major tourist attractions and establishments that cater specifically to foreigners,
その結果、メジャーな観光地や施設には英語に精通した人がいるものの、そういう場所以外では

it is rare to find people who are conversant in English.
英語で話しまくってる人を見つけるのはめったにないことです。

Reading and writing tends to come much better though,
しかし、字を使って読んだり書いたりとなるといきなり上手くなり、

and many younger Japanese are able to understand a great deal of written English despite not being able to speak it.
多くの若い日本人はその英語を喋ることができないにもかかわらず、字で書いた英語なら大量に理解することが可能なのです。

If lost, it can be practical to write out a question on paper in simple words and give it to someone young, preferably high school or college students, who will likely be able to point you in the right direction.
なので、もし迷子になったら、簡単な単語を紙に字で書いて若い人(できれば高校生か大学生)に渡してみるのはなかなか実用的な方法で、たぶんあなたに正しい方向を教えられるでしょう。

It can also be helpful to carry a hotel business card or matchbook with you, to show a taxi driver or someone if you lose your way.
それから、迷ったときにタクシーの運転手などに見せるため、ホテルのカードやマッチ箱を持ち歩くのも役立ちます。

Take comfort in the fact that many Japanese will go to extraordinary lengths to understand what you want and to help you, and try to pick up at least basic greetings and thank yous to put people at ease.
多くの日本人はあなたが求めていることを理解し、そしてあなたを助けるために驚くほどいろいろやりかねないです。英語で簡単な挨拶をしたりサンキューとか言ってきたりしますし。なので、安心してください。


――というようなことを外国人観光客には求められているらしい。がんばりましょう。
それにしてもこれを書いた人は日本のことをよくご存知でいらっしゃる。
それとも日本人が書いたのか。



Anime and manga <アニメとマンガ>

To many Westerners, anime (animation) and manga (comics) are the most popular icons of modern Japan.
多くの西洋人にとってアニメとマンガは現代の日本におけるもっともポピュラーな顔です。

Many visitors come to Japan in search of merchandise relating to their favorite anime and manga titles, which are often released in different versions in Japan and the West; the Western versions edit out taboo references in the Japanese version.
多くの旅行者はお気に入りの作品のDVDなどの関連商品(たびたび日本と欧米で違うバージョンで公開され、タブーなところを編集されている)を探して日本に来ます。

<中略 DVDのリージョンについての注意>

You may also be surprised by the prices: new DVD releases regularly cost over \3,000 and there are usually only 2 episodes per DVD.
あなたはまた、価格に驚くかもしれません。新しくリリースされたDVDは定価3000円以上で、しかも普通1枚に2話しか入ってません。

<後略 ブルーレイについて>


――どこでも規制はあるのだなぁ。
まあ、外国人で「日本が大好き!」という人は、7割がアニメやゲームがきっかけで、2割が日本食です。
(日本車のファンという人もいなくはないが、それがきっかけで日本語を勉強した、なんて人は見たことがない)


欧米からの物理的な距離が長いので、日本にはそれほどあっちからの観光客はいませんが、それでもたまにいます。
情熱とお金がわりと豊かじゃないと日本までは来ないと思うので、見かけたら親切に遊んであげましょう。

プロフィール

星八角ある子

Author:星八角ある子
或るライターの落描きブログ。
無尽に趣味へ走っています。
最近は地元ネタが増えています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。