スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これはひょっとしなくてもギャグか?

それはひょっとしてギャグ
「そのインタビューは
 ひょっとしてギャグで言ってるのか?」


こんばんは、綿貫ある子です。

クリエイターのるつぼポータルにて綿貫のインタビュー記事が公開されました。
内容はとりとめない綿貫の自分語りです。
スクール水着について語ってくれというインタビューならこの20倍はいけたんですが、いかんせん真面目な話題だとこの辺が限界でした。
まったく、綿貫より先にインタビューしてみるべきひとがいるでしょうに!



と、それから追記です。
たまに訊かれるのですが、現在コミュキャラの箱で公開中のソーシャルイベントについては、綿貫はノータッチです。
お客さんの気分で、ちょくちょく投票状況などを見に行っています。
どの投稿も面白いですねー。4月11日にすごい変動があるような気もして、それもちょっと楽しみです。


追記その2です。
コミュキャラの箱にて公開中の『雨雫の都忘れ』のライターさんである弓束しげるさんが商業文庫でデビューらしいですよ! すげィ!
この場でも改めてお祝い申し上げます。
スポンサーサイト

グッツ! ゲッツ!

まぐ

こんばんは、綿貫ある子です。
例のコミュキャラマグカップが届きました。

結構しっかりしたつくりで、持つとずっしりしてます。厚みもかなりのもの。
人は殺せないかもしれませんが、そこそこのダメージは与えられそうです。

続きを読む

今日のUTAU三人娘

<第4回MMD杯>



UTAU01



UTAU02-2


がんばれUTAU歌姫。

それにしても昨夜、仲良くさせてもらっている3D系のひとと喋ったんですが、第4回MMD杯は本当にすごかったです。総合優勝の作品(3コマ目の動画)なんてプロの暇つぶしとしか思えないです。
あとはさすがLat式ミクさん。オサレPVをやらせたら右に出るものはいないですね。
でも軍曹動画のおかげで、Lat式ミクさんは別の方向を開拓できるんじゃないかという期待も。オサレ系だけでなく、黒優等生系のキャラを構築して行ってもらえれば、出番が増えるんじゃないですかねー。

続きを読む

UTAU三人娘

UTAU4コマ

こんばんは、綿貫ある子です。
ここのところ作業用BGMがあまりにボーカロイドやUTAUの曲ばかりだったもので、つい触発されました。
元ネタは「外人4コマ」です。

え……!?
ご存知、ないのですか!?
彼女らこそフリーソフトの歌声合成ソフトUTAUにて公開されている仕事を選ばない歌姫、UTAU三人娘です!
ボーカロイドじゃないですよ! ボーカロイドは商標ですからね。

UTAU三人娘
左から順に、桃音(ももね)モモデフォ子(唄音ウタ)、重音(かさね)テト

・デフォ子(唄音ウタ)
UTAUに標準搭載されているデフォルト音源の歌姫。
Softalk(ゆっくりボイス)と同じ音源を使われているのであまり可憐な歌声ではないが、そこが逆に可愛いというのがいわゆるデフォ子萌えである。
声が低いため、しっとりとした曲に定評がある。
RPG-7がご愛用の武器。
性格は、クールで無口なようで結構ドS。
合言葉は「デフォ子かわいいよデフォ子」

・重音テト
あらゆるUTAUの中でもっとも劇的に誕生した歌姫。
4月1日の嘘から生まれ、本来ならば4月2日になった時点で消えるはずだったが、UTAUという舞台を与えられて復活した。
「ボクっ子」で、年齢は31歳。通称三十路。
高音域の可愛い声を持ち、あらゆる歌を歌い上げる。
性格はその出生の割りに明るくファンキー。
決め台詞は「君はじつに馬鹿だな」

・桃音モモ
UTAUライブラリの中でも随一の素材を持つ歌姫。
連続音音源をいち早く搭載されたり足にジェットを付けられたりと、いろいろな意味でとにかく実験台にされる。そろそろ、腕に火器など搭載されそう。
やわらかな声質で、優しげな歌の歌い上げに定評がある。
性格も穏やかで、おっとり。
設定的には子守りロボットだが、実際のところはノリで生きているテトと意外と過激なデフォ子をなだめている(子守りしている)。
「あははっ」や「はいぃ!?」といった自然なリアクションが可愛い。


UTAU三人娘はとてもキャラのバランスが良く、綿貫は大好きです。
作曲の能力があったら絶対に何か歌わせているのですが、綿貫にはあまりにもそういう才能はないのでした。


最後に動画紹介です。これは可愛い。



……あれ。歌ってないな。踊ってるだけだ。
まあいいや、初音ミクの歌でも聴こう。

るつぼポータルの記事のカテゴリは「グッズ」ではなくて「グッツ」なので、在りし日のあの芸人を思い出す。

グッズですか

こんばんは、綿貫ある子です。
『「コミュキャラの箱」特製マグカップvol.1』ですってよ、奥様。

でもお高いんでしょう?

いえいえ、キャラガチャの景品で当たるらしいんですよぉ。


まつりん

それはともかくまたまつりんです。
すっかり「まつりん」が定着してますねこの方。
先日は編集さんも「まつりん」って呼んでましたよ。
おーっほっほっほ。

重音テト誕生祭

テト

こんばんは、綿貫ある子です。

みなさんは重音テトをご存知でしょうか。
名前から初音ミクの仲間のようだという印象を持たれた方、限りなく正解に近い答えですが、間違いです。
ニコニコ動画の「嘘の歌姫」「キ・セ・キ」などをご覧いただくと分かります。
一言でいうと、嘘から生まれた歌姫です。

まあしかしそんな話がしたかったのではないので今回は割愛!
とにかく4月1日に誕生祭があるとやらで、こんなひっそりブログでも支援になればいいなという主旨です。


<特筆すべき事項>
・重音テトは31歳
・決め台詞は「君はじつに馬鹿だな」

性別がキメラのため、31÷2=15.5歳という説も出ているようですが、綿貫的にはむしろ31歳が良いと思います。


第4回MMD杯エキシビジョン

動画に流れるコメントが邪魔な方は、動画ウインドウ右下の吹き出しマークをクリックしてコメントOFFにしてください。

【第4回MMD杯本選】 ビッグヨーデル

こんばんは、綿貫ある子です。
今回もMMDについての話題です。

結論から言って、第4回MMD杯はビッグヨーデルせんとさんの登場が劇的でしたねー。
ここへボロミアの御大将が加わってMMD三紳士になるとは、いったい誰が予想できたでしょうか。

また、エキシビジョンのノリで各MMD動画製作者がヨーデル、せんとさん、御大将の動画をUPしたのも素晴らしい流れでした。正直感動したですよ。
こういうキャラの挿げ替えはMMDならではですね。
(MMDは動きのデータを別のキャラへ簡単にインポートすることができる)

続きを読む

第4回MMD杯

動画に流れるコメントが邪魔な方は、動画ウインドウ右下の吹き出しマークをクリックしてコメントOFFにしてください。

【第4回MMD杯本選】 卓球

こんばんは、綿貫ある子です。

今日はすこし趣向を変えて、MMDについてお話します。
MMDとは正式名称「MikuMikuDance」。3Dモデルを動かして動画にするソフトです。
特筆すべきはフリーソフトということ。スペックさえ足りていれば、誰でもMMDで作品が作れます。操作方法も3Dソフトにしては比較的簡単で、いくつかの基本が分かれば、とりあえずちょっとモデルを動かしてみて動画として出力するには充分ですね。
追加のモデルも続々と作成され、ボーカロイド系だけでなく東方、アイドルマスター、UTAU系、そしてネタキャラなどが公開されていて、自由にダウンロードできます。素晴らしい時代です。
まあ、詳しくはここでは割愛します。検索してみてください。

さて、そうはいいつつも綿貫は動画技術などを持たないので、もっぱら観る専門です。
先日、第4回MMD杯が開かれましたが、かなりの作品を観たと思います。
MMD作品は大雑把に分類して、プロモーションビデオ系、MMDドラマ系に分かれますが、綿貫が熱狂的に観るのはMMDドラマ系ですね。
また、その混合型もあって、この記事の最初に貼り付けた『卓球』がそんな感じでしょうか。


また、今回のMMD杯で驚かされたのは「わずか5分でも感動できる」ということでした。物書きの端くれとしては、そこに興味を惹かれざるをえません。

----------------------------------------------

【第4回MMD杯本選】お姫様【ほめ春香さん】

たとえばこの作品は、MMD界には「ほめ春香」というある種のネタキャラがいるんですが、彼女を中心に据えたドラマ系作品です。
正直なところ、うるっと来ました。ちょっと悔しいくらいです。
(ほめ春香の扱いを知っていないと面白みが薄れるあたりを考えると、まずはhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm6109609などから観るべきかもしれません)

----------------------------------------------

【第4回MMD杯本選】とある宇宙の無反動砲(ボールキャノン)

それからこちらは「ほめ春香」に加えて「ののワさん」や「たこルカ」、「ゆっくり霊夢」が登場するドラマ系作品。
今年2010年に帰還予定の小惑星探査機はやぶさを題材にしたSF仕立てのお話となっています。
こちらも何故か感動しました。理解不能の涙です。参った。
(こちらは特に予習は必要ないですが、探査機はやぶさについて少し知っておくといいかもしれません。また、初見では設定が一部分かりづらい構成となっています)

----------------------------------------------

【第4回MMD杯本選】UTAU事件簿-All Starts are the "M"-

そして最後に綿貫がお気に入りのUTAUメンバーからなるドラマ作品です。
上ふたつと違って(謎の)感動などはありませんが、構成や脚本が非常に丁寧な作品です。
(マイナーなキャラが多数出てきますが、予習等は必要ありません)



MMD製作者の方々に敬意と感謝を。
後日、裏MMD杯ともいわれるMMD杯エキシビジョンについても語らせていただきます。
(実はそっちのほうにどっぷりハマったなんて言えない)
プロフィール

星八角ある子

Author:星八角ある子
或るライターの落描きブログ。
無尽に趣味へ走っています。
最近は地元ネタが増えています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。