スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またカブトボーグを語る。


人造昆虫 カブトボーグ V×V Vol.2 [DVD]

人造昆虫 カブトボーグ V×V Vol.2 [DVD]

  • 出版社/メーカー: (株)イーネット・フロンティア
  • メディア: DVD





こんばんは、綿貫ある子です。

ニコニコ動画で微妙にカブトボーグのブームが来ているようですね。
どうであれ、盛り上がるのならいいことだと思います。

さて最近、ボーグバトラーとしての心構え的なものを考えています。


まず、ボーグバトラーはよく、初級ボーガー、中級ボーガー、上級ボーガーと分けられています。
ほぼ自己申告のようなものです、綿貫は中級でしょう。
今回は、勝手にこんな感じかなと分けてみます。


初級ボーガー(初心者ボーガー)
カブトボーグを見始めたばかりのボーガーを指します。
勝治が死んだりするところで笑えたりするのは初級です。
まだ脚本のカオスさに振り回されている証拠ですね。
でも、ボーガーであれば誰でも通る道です。

初級~中級
全52話を見終えて、2周目とか入っているボーガーを指します。
早いボーガーは全話を見終える前にこの段階へ入ります。
BGMの良さに気づいたり、「いいチャージインだ!」とか言いたくなってきます。
だいたいこのあたりでリュウセイさんを「さん」付けで呼び始めます。

中級ボーガー
この辺からボーグバトラーとして精進したい気持ちが湧いてきます。
マンソンは見えますし、通販でボーグ買おうかな~とか思っちゃいます。
そして、作中の登場人物がボーガーとして憧れの対象に見えてきます。
そうなると、リュウセイさんは完全にヒーローに見えますし、勝治はマジで命がけでボーグバトルに向き合うボーガーの鑑に見えます。
分かりやすい判定ラインとしては、ジョニーがかっこよく見えると中級って感じでしょうか。

中級~上級
この辺のボーガーはカブトボーグの歴史に詳しかったりします。
たとえばワンコインボーグなんてもう時代遅れになってしまいましたが、あの頃の流行りようをよく覚えているひとが多いですね。
綿貫も流行に乗せられて、ワンコインボーグやってましたよ。
学校を出たところに自動販売機があったもんで、ついつい遊んじゃうんですね。
まったく、タイムマシンでもあれば昔の綿貫を殴りに行くんですが。

上級ボーガー
カブトボーグが完全に日常の一部になっているボーガーです。
テレビのトーク番組を見ていて、出演者が口論になると「もうボーグバトルで決着つけろよ」とか思うらしいです。
見分け方は結構簡単で、上級ボーガーのひとたちはいつボーグバトルを挑まれてもいいように、ボーグケースを体のどこかにつけています。
ちなみにこのレベルまで鍛えないと、必殺技はものに出来ないらしいです。

超上級ボーガー
世界大会レベルのボーガーです。
作中に登場するボーガーはだいたいこのレベルです。
オリジナルのカブトボーグを所持し、必殺技を最低でも2つはものにしているボーガーです。
このレベルまで来ないとリュウセイさんとはとても戦えません。
そして、戦えたとしてもたぶん負けます。

覇王ボーガー
天野河リュウセイのことを指します。
リュウセイさんだけに与えられている特別な称号です。

神ボーガー
松岡勝治のことを指します。
勝治だけに与えられている特別な称号です。

天才ボーガー
龍昇ケンのことを指しません。
ケンだけには与えられない称号です。
スポンサーサイト

コミュキャラの箱の歩き方

こんばんは、綿貫ある子です。
以前ブログでコミュキャラの箱のシステム紹介という記事を書きましたが、最近いろいろと変わってきていますのでまた改めて紹介しなおしてみます。
具体的には2009年9月28日以降のシステムに対応しています。
(プレイ中の方にもちょっとだけお得かもしれない情報も載せています)


○コミュキャラの箱コミュキャラの箱

コミュキャラの箱はオンラインの恋愛アドベンチャーゲームです。
オンラインといっても、ネット越しに違うユーザーと恋愛するのではなく、一般的な恋愛系ゲームのブラウザ版といった感じです。

特筆すべきは、オンラインであることを利用した、シナリオやイラストの追加
普通の恋愛系ゲームであればエンディングまで進めれば終了ですが、コミュキャラの場合はまだまだ続いていくのです
その点では、何巻も続いていく漫画やライトノベルにも似ていますね。


○恋人候補指定
恋人候補指定

コミュキャラの箱には恋人候補指定なるシステムがあります。
マイページでお気に入りのキャラクターを指定することで、そのキャラクターとの間にさまざまなイベントが発生していきます。
まずはここからスタートです

(※)
 恋人候補指定の必要がないキャラもいます。
 こういうキャラは1アカウントで数人に渡ってのプレイが可能です。お得かもしれません。


○返信
返信画面

コミュキャラの箱のもうひとつの特徴が『返信』システムです。

通常のアドベンチャーゲームであれば、画一的な選択肢で分岐が発生するのですが、コミュキャラの場合はユーザーが直接文章を入力することで分岐します。
入力するのは、セリフだったり、行動の指定だったりしますね。

返信システムはTRPG(テーブルトークRPG)に似ているかもしれません。
TRPGほどの自由度はありませんが、ユーザーが考えるべきこと、発言することの自由度そのものは同じものといえます。

(※)
 ちなみに上の画像に表示されている文章は悪い例です!
 (がんばって解読してもまったく意味ないです)


○クリティカル・フレーズ
クリティカル判定時

返信タイミングでユーザーが入力した文章がクリティカル・フレーズと呼ばれるものだったとき、恋愛指数がガツンと上がります。
そして、そのイベントの続きで、キャラの反応が変わります
やはりクリティカルを出すほうが美味しい反応が返ってくるようですね。

なお、クリティカル・フレーズの判定について、公式サイトの説明が分かりづらいかと思いますので、綿貫がちょっとだけ補足します。
まず、「フレーズ」という言葉が誤解を招きやすいようですが、クリティカル・フレーズは「単語」ではありません
クリティカル・フレーズの条件はかなり漠然としています。
たとえばそれは「ヒロインが作った料理を熱烈に褒める系統」や「ヒロインの過去にまったく触れず、別の話題で元気付ける系統」など、かなりアバウトかつ場合によってはシビアな条件指定となっています。

クリティカル・フレーズは、キャラやシーンによってはゲームオーバーに近いセリフ・行動だったりするかもしれません。
おそらく、全体的にクリティカルを出すのが相当難しいキャラもいるのではないかと思います。
流れとしては、まずはクリアを確定させてから、クリティカルを取りに再挑戦、というのもいいのではないでしょうか。

(※)
 ちなみに、それぞれのチャプターは読み込みが終わった時点で既読扱いになりますので、再プレイは早いです。


○原作版
最後に『原作版』について少しだけ。
原作版はもともとのコミュキャラの箱のシステムです。
シナリオを読み進めつつ、キャラクターとメッセージを交換するというもので、こちらも返信入力があります。

上記の返信との違いは、入力した文章すべてにキャラクターが反応します

思いのままにあれこれ書き綴ってもいいでしょうし、あえてバカにしてみてもいいかもしれません。
原作版の遊び方はいろいろな可能性を秘めています。

ただ、少々お高いのが欠点。
出会い編などを終わらせてから始めるのが無難でしょう。
まあ、それだと先の展開が分かりきっているのが困りどころですけどね。
初見プレイを大事にしたい方は、いきなり原作版に行くのもいいかもしれません。

なんにせよ恋人指定は忘れずに。原作版を購入すると恋愛指数が大幅アップらしいです。
順番を間違えるともったいないですね。

(※)
 現在、月額会員なら3話まで追加料金なしでプレイできます。
 実はなかなかこれはお得な話で、いろいろな原作版を3話まで遊ぶとなると、かなり楽しめます。
 クリティカルの判定を待ちながら並行でやってみるのもいいと思います。


○まとめ
コミュキャラの箱の歩き方

1.まずはユーザー登録
2.プロローグをプレイしたり、あるいは直感なりで恋人候補のキャラを探す
3.マイページで恋人候補指定
4.月額会員を購入(ここまでは完全無料です)
5.出会い編をスタート
6.返信タイミングでクリティカル・フレーズを狙う。
7.判定を待っている間、恋人指定の必要のないキャラを遊ぶ。
8.クリティカル・フレーズ判定で一喜一憂する。
9.6~8を繰り返して、恋人編に突入
10.次々追加される恋人編イベントに果敢に挑戦する
11.そしてまたクリティカル・フレーズを狙い、一喜一憂する
12.初心に戻って原作版でもやってみる。のもいいかもしれない。

初体験(WINXP)

    _ /⌒ヽ
 / /  ̄ `ヽ
/  (リ从 リ),)ヽ
| | |  . ' .Y |
| (| | " ヮ " | | ねんがんの ノートPC を 手に入れたぞ(借り物)
| ヽ`>、_ .ノ_ノ
|l (⌒) [水] l
|l /| └n/l二二二.l
リ/ `ー`//ヤマト便/)


こんばんは、綿貫ある子です。
半月ほどの間、こちらまったく更新していませんでした。
別館のほうも見てらっしゃる方はお分かりかと思いますが、ただいまPCトラブル中です。

電力会社の電力メーター交換から始まった今回のトラブル……まだ解決していません。
PC故障と電力メーター交換との間の因果関係立証が難しい感じで、最終的には買い替えになりそうです。
もっとも、もうずいぶん長く使っていたので、買い替え時ではあるのですが……。
たぶん神様が「いい加減PC買い換えろ。2000使ってるのなんておまえくらいだ」とお怒りなのですね。

ぶっちゃけ今の状況でPCないのはやばすぎるんで、とりあえず友人に泣きついてみたところ、
「使ってないノートがあるからそれを貸してやる」
と、24時間で届けてくれました。クロネコヤマトすげえ。
違った、持つべきものは友人でした。友人ありがとう。

あとはPCを買い換えて、どうにかして前のPCのHDDからデータを吸い出したいところですね。
HDDはずして、外付けHDDと中身を入れ替えて接続――なんてできるんでしょうか。ちょっと怖いですが。


なお、そんなこんなですので、しばらくイラストは描けません。
綿貫なんかのイラストを誰かが待ってるとは思えないのですが、念のため……。

綿貫の新しいPCにご期待ください……!

かっこいいお兄さんを見た

こんばんは、綿貫ある子です。
今日、かっこいいお兄さんを見ました。興奮冷めやらぬうちに書き綴ります。

昼間、綿貫が近所のドラッグストアに買い物に行ったときのことです。
綿貫は、買うべきものをカゴに入れ、レジへと並びました。

レジには綿貫の前に先に2人の客がいまして、順番に並べると以下のようになります(重要)。

・50代くらいのおじさん(この話の悪役)、会計中
・20代くらいのお兄さん(この話の主役)
綿貫(この話のエキストラ)、並んだばっかり

まあ普通に並んで、レジの順番を待っていたんです。
以下、できるだけ再現してみました。
(注:その日、洗剤の特売がありました。通常価格298円で、特売198円。ただし1つ限り。2つ目以降は通常どおりの値段となる

レジのお姉さん「……すみません、こちらの洗剤の2つ目は298円になりますが、よろしいでしょうか?」
おじさん「あ?」

おじさんのカゴには2つの洗剤が入っていました。
2つ目以降は通常価格になるということをレジのお姉さんは親切に教えてくれたわけですが……おじさん、あまり分かってないご様子。

レジのお姉さん「1つ目は198円で、2つ目以降は298円になります」
おじさん「ひとつしか買えないの?」
レジのお姉さん「いえ、いくつでもお買い求めいただけますが、2つ目以降は通常どおりの値段になります」
おじさん「なんでそういうことするの?」
レジのお姉さん「いえ、それは……」

正直、この時点で綿貫はレジのお姉さんが可哀想になってました。
――というか、おじさんに腹が立っていた。うしろつかえてるんだよ、と。

おじさん「じゃあ2つ目を別でもう一回買えばいいわけ?」
レジのお姉さん「あ……はい。……そうです」
おじさん「なーんでそういうことするかなぁ? じゃあそれ別にして」
レジのお姉さん「はい……」
レジのお姉さん、2つ目の洗剤を元のカゴに戻す。
レジのお姉さん「お会計○○○○円になります」
おじさん「そっち(2つ目の洗剤)そのまま(カゴに入れっぱなし)でいいよ。もう一度買うから」
そう言って、おじさんはもう一度別の会計を始めさせたのです。

この時点で、綿貫はかなりの勢いでおじさんに腹が立っていましたが――そのとき、綿貫の前のお兄さんが動きました。

お兄さん「フン……
突然、お兄さんが鼻で笑いました。
それを聞いたおじさん、お兄さんを見て言います。
おじさん「なぁ、あんたもおかしいと思うでしょ?
お兄さん「いや、オレはおっさんのほうがおかしいと思いますけどね
おじさん「……!?」
お兄さん「まあ、もう一度買えばいいっていうのは分かりますし、なんでそんな面倒なことさせるのか、っていう気持ちも分かります。――けどそれ、オレとこの人(綿貫のこと)の後ろにもう一度並びなおさないと、スジが通りませんよね
おじさん「…………」
綿貫「……!!」(うおおおお!! 喧嘩になるなら綿貫はお兄さんの味方につくぞ!!)

――と、このとき、一触即発な雰囲気も若干ありましたが、そこはそれ、これは現実でした。
実際のところはおじさんもお兄さんもそれきりで、2度目の連チャン会計を済ませたおじさんは袋詰を開始……レジはお兄さんの順番へと来たのでした。
袋詰が終わったおじさんは、苛立った様子でさっさと店を後にしました。
それを見て、
レジのお姉さん「……すみません」
お兄さん「いえ、ああいうおっさんもたまにはいますよ」
綿貫(なんと……余裕ありあまりすぎ……! 若干キザな気もするが!)

ちなみに、せめてものの抵抗なのか、袋詰の台におじさんはカゴを放置して去っていましたが……次のお兄さんが袋詰を終えると、お兄さんは事も無げにそのおじさんのカゴも片付けて行きました

うーん。面白いものを観ました。


以下、蛇足です。
綿貫、お兄さんのカゴをチラ見しました。
確認できた中身は、おまんじゅう、チョコチップクッキー、ポテトチップス、プリン、コーラ、ヤクルト。
――お菓子ばっかりじゃないか!!!

カブトボーグを語る


人造昆虫 カブトボーグ V×V Vol.10 [DVD]

人造昆虫 カブトボーグ V×V Vol.10 [DVD]

  • 出版社/メーカー: (株)イーネット・フロンティア
  • メディア: DVD





こんばんは、綿貫ある子です。
本館のほうでカブトボーグのリュウセイさんの絵をアップしたら、こちらでも少し語りたくなりました。
しかし絶対的に知名度が足りないこの作品。
少しでも世に普及せねばなるまいと、綿貫が死ぬ気で語ります。


○『人造昆虫カブトボーグV×V』とは
まず“カブトボーグ”はTOMY(現:タカラトミー)が発売したおもちゃです。
虫を摸倣しており、2体以上を戦わせるのが主な遊び方。
――要するにクラッシュ○アの虫版。あまり売れてはいないです。

そして『人造昆虫カブトボーグV×V』は、2006~2007年に放映されたカブトボーグ販売促進用のホビーアニメです。
ホビーアニメというのは、古くはミニ四駆とかベイブレードとか――そういうのを題材にしたアニメです。だいたいおもちゃで世界征服を企む巨悪の組織があったり、父親が家族を捨てて玩具で遊んでいたり、主人公の近所に変な研究所があって博士がいたりします。

カブトボーグV×Vもその例に漏れず、巨悪の組織もあれば玩具に興じる父親も出てきます。

しかし……このスタッフはやりすぎた。
綿貫がアニメの脚本家に“狂気”を感じたのは、後にも先にもこれだけです。

具体例を挙げる前に、狂気の象徴とも言える放送経緯の逸話から。
カブトボーグV×VはBSとアニマックスでのみ放送されています。
地上波では放送されていないのです。
何故か?
テレビ東京がカブトボーグV×Vは地上波に相応しくないと判断し、放映を拒否したからです。



カブトボーグV×Vの狂気

作中でカブトボーグに関する説明がない
動力、操作方法、入手方法など一切が謎
果てはルールに関する説明も一切ない
ボーグバトル(カブトボーグでの試合のこと)の前には「チャージ3回、フリーエントリー、ノーオプションバトル!」などと宣言するタイミングがあるが、それぞれの単語の説明が作中にまったくない。またこのルールはTOMYが発売しているカブトボーグの正式ルールというわけでもない。
視聴者は何話か観ていって、どうにか察することしかできない。


第1話がいきなり決勝戦
カブトボーグV×Vの第1話は伝説の最終回と称されている。
どういうわけか第1話の冒頭から準決勝だし、第1話の後半は決勝戦である。
また、決勝の相手は悪の組織の総帥であるが、戦い始めて数分でいきなりその正体が判明する。
視聴者は第1話以前を知らないので驚きも何もないが、作中のキャラクターはテンション高めに驚いている


メインキャラがあっさり死ぬ
準主役のキャラクター、松岡勝治は身体が弱く、すぐに死ぬ
やたら感動的に構成されている話もあり、視聴者の涙を誘う。


死んだキャラクターがあっさり生き返る
準主役のキャラクター、松岡勝治はすぐに死ぬが、次の週では生き返っている
序盤ではどうやって生き返ったかの説明もあったが、だんだんとスタッフが面倒になったのか、後半では何の説明も無く生き返っている
やたら感動的に構成されて死んだ話もあったが、次の週で普通に生きているので視聴者の涙がすぐ乾く。


主人公が破天荒すぎる
主役の天野河リュウセイは一見すると熱血漢少年だが、実際は“大人をすぐに説教する”、“大人を平気で殴りつける”、“夏休みの宿題を強盗する”、“女子供も関係なく街を破壊する”、“落下する人工衛星を撃墜する”、“何故か宇宙まで飛びあがる”などの逸話が多い。
尊敬の念を込め、カブトボーグファンの間では「さん」付けで「リュウセイさん」と呼ぶのが通例。


・サブキャラもおかしい
以下は一例。

勝負を挑んでも受けてくれないリュウセイに対して取る勝治の行動
→街頭演説で市民活動

女の子に振られたケンが取る行動
→酒が飲めないので、バスで酔う

世界征服の最終プロジェクトの直前、主人公たちが本拠地に攻め込んできて、悪の組織の総帥が取る行動
→最終プロジェクトの予定を繰り上げ、発動


おもちゃを売る気がない
しばしばキャラクターがカブトボーグを否定する。
具体的には川に捨てたりする


○まとめ
良い意味でも悪い意味でも、こんな作品はもう2度と現れないでしょう。

また、最後に特筆すべきなのは、カブトボーグは全52話だということです。
そして、誰もが序盤で唖然とするでしょうが、実際はこの52話の中で更に狂気が加速していくため、後半のほうが放心します。

もし試聴するならば、1話から順番に観ていくことをお勧めしますが、とりあえず狂気を味わいたいというのであれば、
1話:伝説の最終回
8話:お年寄りに対して外道のリュウセイさん
23話:万人向けの狂気
24話:リュウセイさんの初覚醒
29話:勝治やケンなどサブキャラだって外道です
あたりから試聴してみてはいかがでしょう。

それでは――!
チャージ3回、フリーエントリー、ノーオプションバトル!
チャージ――イン!!



カブトボーグ主人公 リュウセイさんの外道ぶりを集めてみた

雑記・デフォルメリュウセイさん

リュウセイさん

『人造昆虫カブトボーグVxV』より天野河リュウセイさん。
古いフォルダを漁っていたらこんなものが出てきたので、ブログの賑やかしにアップロード。

自称中級ボーガーの綿貫はあえて選ぶならケンファンですが、当然リュウセイさんも勝治もロイドも好きです。
ただ、周りにカブトボーグの話題が通じる人がいないのが悩み……。
第2期が出るのを(出るわけないけど)これほどまでに望んだアニメはなかったです。

いくつかの幻想から現実に帰る

こんばんは、綿貫ある子です。
常日頃、幻想を現実に引き寄せたいとは思っていますが、たまには逆のこともやりたくなります。
今日はいくつかの幻想から帰るべき現実へと帰りましょう。


・富士の樹海では方位磁針が使えない。
嘘です。
富士の樹海では磁鉄鉱が埋まっているため、方位磁針が使えないという伝説がありますが、嘘です。
磁鉄鉱は実際に埋まっているそうですが、そんなに影響はないとのこと。

考えてみれば、そんな強力な磁力が樹海に満ちているなら、ビデオ撮影なんて無理ですよね。磁気テープが逝っちゃいます。


・トイレや浴槽から水を抜いたときの渦は、北半球であれば反時計回りに、南半球であれば時計回りに回る。
嘘です。
地球上の渦はすべて自転の影響を受け、北半球で反時計回り、南半球で時計回りになるといわれますが、嘘です。
まったく影響を受けていないわけではないでしょうが、微量すぎて渦の方向を決めるほどではないとのこと。
渦の方向を決めるのは渦が発生した瞬間の隙間や傾きに因ります。

綿貫は見たことがないですが、赤道周辺では渦の方向が違うという見世物があるらしいです。たぶん、赤道の南北に2つの渦を置いて、回転方向が違うのを見せるのでしょうが――上記の理由により調整が可能とのこと。


・レミングは集団自殺して個体数を調整する。
嘘です。
レミングという鼠は、個体数が増えすぎると集団自殺をして調整するという話がありましたが、嘘です。
ただ、実際に川に飛び込むことはあるらしいですが――それも単に移動のためです。
レミングに限りませんが、鼠は意外と泳ぎが上手いです。

よーく考えれば、集団自殺する種族的性質が遺伝していくとは考えにくいですしね。
何故なら、集団自殺した個体はそれだけ子孫が残しにくかったわけで――要するに、後世へその性質を遺伝させづらかったということです。
仮に、今、神様がレミングに集団自殺因子を植え付けたとしても、数世代を経過するうちにその因子は薄れていくでしょう。
“進化”とか“遺伝”というのはそういうことです。

でもゲームの『レミングス』は面白いですよね。


――と、踵を返すべき幻想を3つほど挙げてみました。

他には「電話の逆探知は時間が掛かる」などもあると思います。ただ、これは完全に幻想ではないので本編からは除外しました。

昔は逆探知が手作業だったため、電話の相手を分かるまでに時間が掛かったらしいですが、今は一瞬だそうです。
また、よくドラマで「逆探知できませんでした」と刑事が言ってますが、別に刑事が逆探知してるわけではないです。
逆探知の作業を行っているのは電話局で、電話局の職員がどの電話回線が繋がっているかを調べるという仕組みです。(場合によっては複数の電話局を経由している)
「逆探知できませんでした」と言っている刑事はおそらく、電話局と通信していて、逆探知ができなかったという電話局職員の知らせを報告しているだけのはず。
まあ、たまに「くそっ! 逆探知できなかった!」と、さも自分が逆探知作業をしているように振舞う刑事がいますが――それって他人の仕事を自分がやったように見せてることになりますね……。


とりあえず今日のところはこんなものです。面白かったでしょうか?

ただ、こういうネタを扱うと、綿貫自身がニセ情報を得ているのかもしれないというのが怖いところでして(笑)。
間違っているところがありましたら、どうぞお叱りのメールをお願いいたします。

ズタボロ

こんばんは、綿貫ある子です。
やはぁ、ルウルウ恋人編を作ろうとした矢先にパソコンがぶっ壊れてくれまして、借り物のパソコンで作業中です。Oh。
借り物のパソコン、ファンが壊れているのか、熱がどんどん溜まります。だいたい連続30分ほどで勝手に電源が落ちるです。Oh。
扇風機で冷やしながら作業していると、今度は綿貫が風邪を引きました。Oh。
反省して、現在は氷枕をパソコンの下に敷いて作業中です。

幸い、ルウルウ恋人編についてはプロットを考えていた段階でしたので、ダメージ自体はなかったのですが……マタネコの設定資料の類が手元からなくなってしまいました。
――まあ、たいした設定もないのですけどね。何年も前から暖めていたネタ、とかそんなわけでもないですし。

はぁ……パソコン、直るのかなぁ。
いやそれ以前に、まず風邪を治さないと……。
なんか、ステータス異常多すぎです。

日本三大奇書、あるいは四大奇書


虚無への供物 (講談社文庫)

虚無への供物 (講談社文庫)

  • 作者: 中井 英夫
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1974/03
  • メディア: 文庫




なんてこった……!
久々に読もうと中井英夫の『虚無への供物』を本棚から取り出したら、鼠が齧ってました。
いい本を狙いましたね。鼠のくせに。
隣にあった竹宮ゆゆこの『わたしたちの田村くん』は無事だったので、まあいいことにしますが。

そんなわけでみなさんこんばんは。綿貫ある子です。
今日はミーハーミステリマニアの綿貫が奇書を語ります。

奇書とは探偵小説・推理小説の場合、日本の三大奇書を指します。
いわゆる『黒死館殺人事件』『ドグラ・マグラ』『虚無への供物』です。
これに『匣の中の失楽』を加えて四大奇書と呼ぶ場合もあります。

このうち、綿貫が持っているのは『ドグラ・マグラ』と『虚無への供物』、それから『匣の中の失楽』の三冊。
『黒死館殺人事件』は未だ見つかりません。青空文庫で読めるのですが、これがまた読みづらい……。
一応リンクは貼ってみますが、おそらく大部分の方が見た瞬間閉じそうです。綿貫は閉じました。
『黒死館殺人事件』(青空文庫)


さて、綿貫なりに知っている三冊を紹介です。

○『ドグラ・マグラ』 作:夢野久作
・概要
大正時代、九州帝国大学医学部精神病科の独房に閉じ込められた、記憶喪失中の若き精神病患者の物語。
名前も忘れている主人公が、ある殺人事件の重要人物「呉一郎」なる人物と同一人物なのか否か、がカギ。
読めば気が狂うというキャッチコピーは有名で、金田一耕助シリーズの横溝正史は実際に読んでて暴れだしたらしい。
また、冨樫義博の『レベルE』には随所に夢野久作ネタがちりばめてあり、よほど好きらしいことが伺える。

・おすすめ具合
序盤は神掛り的な面白さがあるが、中盤で誰もが一度ダレる。
挫折者多数。
しかも一度読んだだけではその構成さえ掴めず、翻弄される。
10年くらい掛けてじわじわと推理するくらいの気構えでいい気がする。


○『虚無への供物』 作:中井英夫
・概要
ある殺人事件について登場人物たちがそれぞれ突拍子もない推理合戦を繰り広げる物語。
推理小説のルールを守りつつも、推理小説ではない作り。
いわゆるアンチミステリーの傑作として知られる。
これに影響を受け、突拍子もない推理合戦が作中にある後世の作品は多い。
また、オカルト説なのか人間説なのかで登場人物の主張が分かれており、『ひぐらしのなく頃に』『うみねこのなく頃に』の源流ともいえる。

・おすすめ具合
文章がいささか古い。
導入部分から退廃的で入りづらく、事件もなかなか発生しない。
そのため挫折するとしたら序盤。
しかし中盤以降は例の推理合戦がメインとなり、すらすら読める。
中盤が読み終えたら終盤も一気にいける。要するに入りづらいだけで、あとはずっと面白い。


○『匣の中の失楽』 作:竹本健治
・概要
奇数章と偶数章でフィクション・現実が入れ替わる構成の小説。
殺人事件が起きていたり起きていなかったりするので、まともに読むと幻惑的すぎて頭がぐわんぐわんする。
三大奇書の影響が強いため、奇書級の奇妙さを有しつつも奇書には入れないとする人も多いが、いずれにせよキテレツな本であることには違いない。
『リトルバスターズ!』で西園さんが理樹くんに薦め、読ませる本である。たぶん西園さんはナイルズ・ホランドあたりが好きなんだろうと見た。

・おすすめ具合
上記の奇書に比べるとこれは新しいため、読みやすさが段違い。
個人的には幻惑性が『ドグラ・マグラ』に匹敵するのだが、綿貫の恩師である某助教授は遠く及ばないと称していた。どうやら人それぞれらしい。
ある意味分かりやすい奇妙さなので、初心者にもいいかもしれない。


――と、できるだけ現在の作品との関わりを洗い出してみました。
逆に言えば、それだけ後世に影響を与えている作品です。
腰を据えて「いざ!」と立ち向かえる方、是非挑戦してみてください。

プロフィール

星八角ある子

Author:星八角ある子
或るライターの落描きブログ。
無尽に趣味へ走っています。
最近は地元ネタが増えています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。