スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品紹介『マタネコ』

綿貫がシナリオを担当しております『マタネコ』が公開になりました!
今日はこちらの本館でもその作品紹介をいたします~。

(『マタネコ』はコミュキャラの箱(音声が出ます)様にて配信のコミュニケーション型ネットノベルです。『コミュキャラ』については公式FAQををご覧ください)


 『マタネコ
猫の世界を舞台にした猫と猫神の物語です。
交流するキャラクターの名前はルウルウ。第六十九代猫神を現任する者です。
猫神とは、猫の世界の最高権力者であり、様々な呪術を使うことができ、すべての猫に対する絶対的権限を持っています。
……持っていますが、しかしそこは猫の世界。
猫に主従関係という観念は希薄ですし、ルウルウ自身ものんきな性格をしているため、あまり偉そうな感じはありません。
他の猫の肉球を触るのが大好きな、単なる猫耳少女です。

ユーザーキャラであるあなたは、人間に憧れる一匹の野良黒猫です。
街の長老猫から“猫神様が人間に生まれ変わらせてくれる”という情報を聞き、ルウルウの住む神社へとやってきます。
しかしルウルウは、人間に生まれ変わるためには試験を――人間試験を受けなければならないと、あなたに告げます。

なお、ルウルウは猫に対して同族の意識がないため、当初猫であるあなたのことを異性として見ていません。
しかし、交流を続けるうちに彼女が過去を語りだし、それと共にじわじわと様子が変わってきます。
世界でひとりぼっちの種族であるルウルウの仲間となれるのは、あなただけです!


イラストはkinoさん。可愛く元気なルウルウと、その仲間の猫たちを描いていただきました。
HP:きのこのみ
きのこのみ

ルウルウのCVは笑兵衛さん。ひたすらに可愛い声を当てていただきました。も、悶える。
HP:ヨモギ
ヨモギ




余談ですが……プロローグからいきなりパンツが拝めるとは、綿貫は聞いていませんでした。
……だがそれがいい。
スポンサーサイト

日本で一番誤解されてるひと

今日、テレビのクイズ番組を観ていたところ、このような問題が出ていました。

Q.
「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」
 この言葉を言ったのは誰?

A.
福沢諭吉


クイズ番組に限らず、いろいろな本、あるいは最悪なところでは学校の先生まで誤解してるパターンが多いですが……それ福沢諭吉の言葉じゃない
たぶん「学問のすすめ」の一節のことを言いたいのだろうけど、正確には
「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らずと云えり
だ。
この「云えり」は「という」であって、引用の意味。
そして、文章の続きは
「されども今広くこの人間世界を見渡すに、賢き人あり、愚かなる人あり、貧しきもあり、富めるもあり、貴人もあり、下人もありて、その有様雲と泥との相違あるに似たるは何ぞや」
とある。

要するに綿貫なりに現代語訳すれば、
「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず……とは言うけどさぁ、ぶっちゃけそうでもないよねぇ。世の中、頭良いひともいれば馬鹿もいて、貧乏人もいれば金持ちもいるし、身分の高いのもいれば低いのもいるぜ? なんこれ? 天は人の上に人を作らずとか、ちょーウソじゃね?」
であって、
「たぶんどこで差がつくかっつーと、ちゃんと勉強してるかどうかだよ。確かに、生まれながらにして身分の差はないかもしれないけど、生まれたあとに勉強したかどうかで別れていくのさね。だからみんな、ちゃんと勉強しようぜ!」
という流れで、つまるところ「学問のすすめ」なのですね。

折りしも当時は近代化に向けて日本が動き出した頃。
欧米列国に負けない国にするには、やっぱ学問が大事だぜ、ということを言ってハッパをかけたおじさん、それが福沢諭吉。
だからこその不動の1万円札であって、「天は~」とか寝言は言ってない。


けれども、クイズ番組司会の女子アナは「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」に対して、「素敵な言葉です~」と云えり。
おそらく、大多数の学校教師も誤解したままなのでしょうね。
そんな授業を受けた生徒がまた大きくなって誤解を後世に伝える、と……。
まごうことなき負のスパイラル!

まったく、日本で一番誤解されてるのは福沢諭吉だと思います。


お疑いになっている方は、青空文庫の「学問のすすめ」をどうぞ。→

気にすることなく、続けます。

本館のほうでマザー・テレサに関わる記事を書きましたが、あまりにもアホみたいな内容だったのでこちらの別館でバランスを取ります。

実は綿貫はマザー・テレサを結構尊敬してます。
いや、尊敬というよりは『羨ましい』という気持ちのほうが近いかもしれません。

日本の一般的なイメージ、あるいは教育の場で引用されるマザー・テレサというと、献身的だったとか、自己犠牲がどうとか、そういうノリが多いです。
教育の場として、使いやすいのでしょう、マザー・テレサ。

けれど綿貫の感覚ではそういうのとは案外無縁のところに彼女はいたと思います。
ググったらマザー・テレサのエピソードはたくさん出てくるので、具体的なところはそちらに譲るとしまして……マザー・テレサという人はかなりクールで合理的かつ精力的な人です。少なくとも綿貫にはそう見えます。
そして、おそらく彼女は、人生が楽しくて仕方がなかったのでは――と思います。
その意味において『羨ましい』のです。

最後にマザー・テレサの言葉をひとつ。

------------------------------------------------------
人は不合理、非論理、利己的です。
気にすることなく、人を愛しなさい。

あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。
気にすることなく、善を行いなさい。

目的を達しようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう。
気にすることなく、やり遂げなさい。

善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう
気にすることなく、善を行い続けなさい。

あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう
気にすることなく、正直で誠実であり続けなさい。

助けた相手から恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。
気にすることなく、助け続けなさい。

あなたの中の最良のものを世に与え続けなさい。
けり返されるかもしれません。
気にすることなく、最良のものを与え続けなさい。
------------------------------------------------------

ご覧の通り、マザー・テレサの言葉はキレイ事ではないのです。
だからこそ、心に響きます。

微妙にマイナーな格言

『汝は書くことが無いと言う。
 さらば、書くことがないことを書け。』
 ――プリニウス二世

書くことがないんです。プリニウス二世さん。

今日は格言でも扱ってみるです。
よく耳にするものをチョイスしても面白くないでしょうから、あまり聞きなれないと思われる格言を探し集めてみました。



『愚者は話すまで賢者だ。』
 ――コットグレーグ

まさにそうですね、コットグレーグさん。
ブログなんて、やればやるほど自分の馬鹿さを世に曝け出してる気がしますが、逆にそこが楽しいわけで。


『悪魔は理論家である。』
 ――ハイネ

このハイネさんはいわゆる詩人のハインリッヒ・ハイネさんです。うちのハイネさん(←左の)ではないです。
それはさておき、この『悪魔は理論家である。』という言葉、結構グサリと来ます。
みんなそうなのかは知りませんが、綿貫は言い訳の思考に陥ってるときが一番頭がフル回転してると思います。
要するにここでいう“悪魔”は、頭上で天使と悪魔が2つの考えを囁いているマンガ表現みたいなものです。まあ、こっちが本当の意味なんですが。
推理作家の森博嗣も「推理小説を書くのに必要なのは言い訳の能力」みたいなことを言っていましたし、案外、理論的であることと言い訳的であることは近いのかもしれませんね。


『科学は、訓練され組織化された常識以外の何物でもない。』
 ――トーマス・ハックレー

これ好きです。
綿貫は、科学が唯一持つルールはフェアであることだと考えてます。
要するに、反証可能性のことですね。
このあたりをちゃんと考えていないと、ゲーム脳になったり、水が喋ったりしますから大変です。
……そういやそんな歌もありましたね。あの歌、すごく好きです。

ギリギリ科学少女ふぉるしぃ

雑記・たちわかれ……

                /ヽ
    ,__          /: : ミl
     {≡::ヽ、  ____,,,,,ノ: : : 彡l
     ヽ三: : :`';:::;;:: ;;:;;::;;:::::::::::)、
     ヽ ミ:::::::::;;:;;;; ''::;;:;;:;;:;;::::::::ヽ
      〉::::::::;;:;;:':::  ''::/⌒ヽ::;;;:l
       {;;;;;::/⌒` :  : '':::;;;;;;;: }
    /{:;;;::::;;;;::   、-ソ  , 三ヌ て ̄
    /:::::ヽ , ィ彡 、_,,ノ`ー''" ノ::::\`
    {:::::::/X/    ,,,,,  ,/ ::::::::}、
     l:::::::'''  '''''iミヽ,---"i   : :::::ハ
     〉::;'     `   ノ   ..::;"::;;}
    {::::::'.,,      ノ⌒i  ..:::;;;:::::::)
    {::::;;;:::::ヽ、__    `ー'  ::::,,ノ:::/
    ヽ、;;;;;;:::::::::::::>-,,,,,,,,<;;;;;,-''"
        ~""''~


かなりのローカルネタですが、綿貫のお隣の家で飼っている猫がいなくなったそうです。
2日ほど帰っていないらしく、お隣の家の方が大変心配してらっしゃったので、せめてもの気休めにと昔から伝わる猫戻しのおまじないを教えて差し上げました。

『立ち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば 今帰り来む』
(たちわかれ いなばのやまの みねにおうる まつとしきかば いまかえりこん)
小倉百人一首から中納言行平の歌で、おまじないはこの歌を短冊に書いて猫の皿の下に置いておくというものです。
(検索するといくつかバージョンがあるようで、まず上の句だけを書いて、猫が戻ってきたら下の句を書いて処分する、という流れのもの。あるいは猫の皿の下に置くのではなく、玄関に貼るというものもありました。地域によって差があるようです)

歌の意味は、
「ここでお別れして因幡の国に行くが、あの因幡の山の峰に生えている松の名のように、あなたがわたしを待っていると聞いたなら、すぐに帰ってこよう」
“因幡”と“去なば”が掛け言葉となっていて、要するに別れを惜しむ歌です。
これに稲葉山が猫があつまる山という伝承があるので、それが関わってきて、前述のおまじないのようになったのでしょう。

うーん、おまじないの効果があればいいのですが……。



それから、お知らせです。
いつも当ブログをご覧になって頂いている皆様、ありがとうございます。
イラストサイトなんだか何なんだかわからない謎サイトですが、本当にありがたい次第です。

と、しかし申し訳ないことですが、今日から数日ないし数週間の間、更新ペースが落ちると思います。

また余裕ができれば毎日更新を目指して頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。




<9月10日追記>
おまじないをした翌日の朝に猫は帰ってきたそうです。すげえ!

雑記・9月6日は妹の日

ロールちゃん

9月6日は妹の日だったです。
妹キャラで迷いに迷った結果、ロックマンシリーズからロールちゃんを選びました。
かなりやっつけです! いろいろリサイクルしてます!

まあ、それはともかくロールちゃん可愛いです。
バージョンがいくつかあるようですが、綿貫はこのバージョンのロールちゃんが好きです。

雑記・○○の反対は……

「愛情の反対は憎しみではなく、無関心」
という言葉がありまして、結構有名ですね。
西尾維新の本のどこかでも見たような記憶があります。

実はこの言葉を最初に言ったのは、明日、9月5日に没したマザー・テレサです。
マザー・テレサというと、ノーベル平和賞受賞の修道女。
数々の名言を残していまして、どれもなかなか唸るような言葉が多いです。


というわけで、今から綿貫も名言主を目指します。
「萌えの反対は萎えではなく、現実」
「スクール水着の反対は体操服ではなく、全裸」
だめですかね……。

雑記・ドラえもんの誕生日

      (ヽ、 _ヽ、  )\     ヽヽ
     _ヽ、     ⌒  ヽ、     \\
     \ ̄     __    )ノ     ヽヽ
    ∠⌒     / )    ⌒ヽ     | |
     )   / ゙̄- く       \   ノノ
    /  /ノ^)___)ノl       ヽ_//
   /   //(/ !_|_|       ヽ三ヽ
   レヘ  |j(/l_/    |ノヽ      |──)
    ノ (/l_/  /⌒| | | |  !   |二 二ヽ
  /   |_/__| |  | -| | ノノ    ノ── 、)    
  /    `───| | ノ -| |   |/(())   ヽ
 /⌒) ∧    ヽ/_//  /j()ノ_   (()) i
    // ノ     |_// / ̄ ̄`\ (())  j
      (ヘ       ̄   |   ヽ   \   /
       )/(/) / ⌒ |⌒ヽ |\  /i\ /|   )ヽ
            |/      |    !  / | ノ |  ( (
     )ヽ           |  /  /  ( ((|   ) ヽ
    (  )           |  / /    ヽ|  (   )
    ) (      、    /  ) |ヽ、_ __ ノ   )  (
   (   ヽ    ((   /  /-、|        (   ヽ
(    )   )    )ヽ  ヽ_ノ |  |   ヽ   ノ     )
 )  (    (   ノ  )     |   |  ( (  (      (
 (_ ノ     )(  ( (    / /^)  ) )  )
               )  / / /  (  ( _ノ
                 (/__/   )



綿貫はマンガがとても好きですが、たぶん今までに一番読んだのは『ドラえもん』です。
9月3日はそのドラえもんの誕生日でした(2112年生まれ)。

綿貫的にはドラえもんの毒舌っぷりが好きで、これはマンガのほうでしか味わえないですね。
ネットでも「きみはほんとうにばかだな」や「いや、そのりくつはおかしい」など、見かけた方も多いと思います。

きつねの大安吉日ではこの辺をチョイス。
あたりまえだろ、フグが自分の毒で死ぬか!?
(ジャイアンの歌は何故ジャイアン自身にダメージを与えないのかという、のび太の疑問に対して)
納得せざるを得ない、すばらしい言葉です。

ちなみにAAはオシシ仮面です。
こんな1コマのネタキャラがフィギュアになったと聞いたとき、綿貫は世界の広大さを思い知りました。

プロフィール

星八角ある子

Author:星八角ある子
或るライターの落描きブログ。
無尽に趣味へ走っています。
最近は地元ネタが増えています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。