スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記・デフォルメハイネ

d_heine

『ハイネに詩集を』よりハイネさん。
スポンサーサイト

作品紹介『ハイネに詩集を』

綿貫がシナリオを担当しております『ハイネに詩集を』の紹介です。

『ハイネに詩集を』はコミュキャラの箱(音声が出ます)様にて配信予定のコミュニケーション型ネットノベルです。
『コミュキャラ』については公式FAQを参照していただくか、当サイトの『コミュキャラの箱』のシステム紹介をご覧ください。


 『ハイネに詩集を
2044年の日本の研究所を舞台にした近未来の物語です。
交流するキャラクターの名前はハイネ。Ed-Ⅲ型実験体という肩書きを持つ、14歳の少女です。
彼女は目の前の人間を酔わせんばかりの容貌を持っていますが、一度も研究所から出たことがないため、その精神は14歳という年齢の割に未熟で、知識にも偏りがあります。
しかも、ハイネはこれまで様々な非人道的実験を受けさせられています。
その結果、すべての人間を疑うようになってしまっているのです。

ユーザーキャラであるあなたは、ハイネの対人実験協力者となって、彼女と交流します。
ハイネと共に、研究所で進められている謎のプロジェクト“Ed計画”に立ち向かってください。


今作ではユーザーキャラにほとんど設定を与えていません。
あらかじめある台詞等もないので、ありのままのあなたでハイネと交流してください。


イラストはみみかっきさん。可憐ながら官能的な絵を描いていただきました。
HP:みみかっき屋
みみかっき屋


ハイネのCVは有澤 空さん。可愛くもクールな声をあてていだきました。
HP:17th BlackRabbit
17th BlackRabbit

雑記・日食を甘く見ていた。

「それを奇跡と見るか、
 ただの偶然と見るか、
 あるいは必然と見るか」


2009年7月22日は日本で皆既日食が見られた日だったわけですが、みなさんはこの日をどう過ごしましたか?

綿貫は『あのぶどうはどうせすっぱいぶどう』で理論武装してましたが、大後悔です。
ン十万払ってでも皆既日食を見るべきだと思いましたよ。くそう。

綿貫が住んでいるのは九州なので、食分(欠け率)は0.9を越えていました。
しかしっ……0,9もあれば充分日食だろうと考えたのが綿貫の大ミス。
部分日食と皆既日食は雲泥の差なんですね。NHK観て思い知らされました。

でも、この目で実際に太陽が欠けるところを観れたのは感激でした。
日食が始まったあたりから雲が晴れてくれましたしね。


それにしても前々から疑問なんですが。
太陽と月の見かけの大きさが同じになるって、宇宙ではかなりレアなんじゃないのかと思うわけです。
無作為に選んだ恒星と衛星が見かけの大きさで同じになる確率……そんなに高いのでしょうか?
綿貫はちょっとこのあたり詳しくないので、誰か教えてください。

雑記・コーティー・キャスという少女

「頭の中に寄生した宇宙人と
 友情が育めないとでも?」



 ひとりの子供がいるとしよう。黄色い髪、だんご鼻にソバカス、人の顔を穴のあくほど見つめる緑のひとみ、金持ちのはねっかえり娘、当年とっての十五歳。
 (中略)
 この子は数学もかじっている――そう苦労もせずに。それにしょっちゅう宇宙港をうろつき、声をかけてくれる相手と片っぱしから友だちになり、同乗をせがんだおかげで、いまでは十四種類の宇宙船の操縦系統をマスターしている。発育のほうはおくてで、胸の小さなふくらみは少年といっても通るぐらい。性教育を受けてはいても、恋だの性愛だのは、この子から見て、おとなたちが夢中になるばかげた遊びでしかない。だが、この子にジュニア宇宙服を渡してみたまえ、たった七十秒で装着完了、安全フックも含めてだよ。

  ――『たったひとつの冴えたやりかた』(原題:The Starry Rift)
  著 ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
  訳 浅倉久志


 有名なSF小説の主人公、コーティー・キャスが登場したときの文章です。

続きを読む

雑記・幻想を現実に引き寄せよう。『人格入れ替わり』

「僕と一緒に階段から落ちませんか?」

 ある任意の男女が絡み合って階段から落ちた場合、以下の展開になる。
・「きゃーっ! どこ触ってんのよーっ!」という胸タッチ。
・「……っ……!?」とふたりが目を見開いて事故チュー。
・頭を打って、ふたりの人格が入れ替わる。

 なお、単独で階段から落ちた場合は以下のとおり。
・「まったくおまえはドジだなあ」と笑われる。
・「あぶない!」と下にいた誰かに助けられる。
・「ぎゃふん!」と下にいた誰かを押しつぶす。
・頭を打って記憶喪失になる。

 ここでは七つ列挙しましたが、実はひとつだけ仲間外れがあります。

続きを読む

プロフィール

星八角ある子

Author:星八角ある子
或るライターの落描きブログ。
無尽に趣味へ走っています。
最近は地元ネタが増えています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。